連載

終わらない恋と始まらない僕の人生

【この記事のキーワード】

10週目大さい画像

KENJIさんとの対談終了後(女子会の帝王が無職に美タミン注入☆ 元カノのことは忘れなさい!)、担当編集者が「これからどうするつもりなんですか?」と聞いてきました。「それは人生のパースフェクティブ的な意味で?」「や、今夜予定でもあるのかなって」何の予定があるはずもありません。「じゃ、飲みに行きますか」というわけで僕たち、新宿を飲み歩きました。実は担当編集者もまた、元カノのことが1年近く忘れられず引き摺っているという悩みを抱えていたのです。

他社の編集者も合流して深夜までカラオケで喉が潰れるまで失恋ソングを絶叫し、ふと気づけば零時も過ぎていました。当然京都に帰れる時間ではありません。「てか奥山さん、どこか泊まれるとこあるんですか?」「うーん……住所不定無職だな」「じゃあ、寝袋くらい貸してやりますよ」このあたりからまだらに記憶が飛んでいるのですが、フラフラと千鳥足で担当編集者のアパートに向かい、彼が何か言うより先にベッドに横になって目を閉じました。

翌朝、太陽の光に目覚めるとベッドの下のフローリングで担当編集者が寝袋にくるまって寝苦しそうに横になっていました。なんか悪いことしたなぁ、と思いながら、今何時だろうと携帯電話を確認すると、元カノからメールが来ていました。

>いつ、どこで?

びしゃっと頭蓋骨を引き戸に挟まれたような衝撃で意識が目覚め、慌てて担当編集者を叩き起こしました。

僕「いつ、どこで? ってどういうことよ!?」

パニックになりながら担当編集者に携帯を渡すと、彼は舌打ちをしながら僕の携帯を確認し、しばらくして送信履歴の画面を僕に見せてきました。

>今、東京に来てるんだ。君にどうしても会いたくて、会って、話したいことがあって。会えないかな? 会ってくれなかったら、死にます。おい、本気だからな。

担当編集者「……僕も経験あるからわかるんですよねぇ。あんた、昨日酔って元カノにメールしたようですよ。どうすんですかこれ。全然、KENJIさんのアドバイス無視しちゃってるじゃないですか。せっかく無理言って東京に呼んでやったのに、これじゃ台無しだ。僕まで怒られちゃいますよ。嗚呼、会社行くの憂鬱だなぁ……」
僕「き、君なら、どう返信する? 会わない方がいいのか?」

うーん……としばらくうなって考え込んでいた彼は、急に僕から携帯をひったくり、素早く僕のフリをして元カノにメールを送信。

>週末に、海で

それから担当編集者は、物凄く不機嫌そうに「僕なら、会う」と言いました。

海で初デート♡

>四号車の五号車に近い端の座席

新宿から中央線の快速に乗りこむと、すぐに元カノのミョンちゃんが見えました。無言で彼女の横に座り、まじまじと顔を見ます。二年以上も会ってないというのに、なんだか久しぶりに会ったという感じがしませんでした。

ミョンちゃん「私に何も言わずに京都に帰った癖に、今さら急にやって来て、勝手言うよね。まぁいいや。最近何してたの?」

東京駅で湘南新宿ラインに乗り換えて、江ノ島に向かうことにしました。一時間以上電車に揺られる、ちょっとした遠出です。

ミョンちゃん「っていうか私たち、これが初デートってことになるのかな? うーん、狂ってるよね!」

よくドン引きされるのですが、僕、デートというものが極端に嫌いで、元来あまりしたことがないのです。付き合っていた頃、ミョンちゃんも何かと急がしく、もっぱら学校やお互いの家で会うことばかり。互いにインドア派だったので特に不満はないつもりでした。外食はたまにしましたが、丸一日潰してどこか遠くに出かけるなんてこと、出会ってから9年経ちますが、僕たちの間にはこれまで一度もなかったことでした。

1 2

奥山村人

1987年生まれ。京都在住。口癖は「死にたい」で、よく人から言われる言葉は「いつ死ぬの?」。

@dame_murahito

http://d.hatena.ne.jp/murahito/

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

女子会のお作法 「汚ブス」にならないための39か条 (vita)