ゴシップ

「牛乳を飲ませない」育児論の松嶋尚美、母乳育児にこだわり…『子育てトンデモ言説』が母親たちを振り回す

【この記事のキーワード】
matsushima0709

『松嶋尚美のジュマ&ララdiary』ワニブックス

 2011年12月に第一子となる男児を、2013年6月に第二子となる女児を出産し、ママタレ街道を驀進中の松嶋尚美(43)が、テレビ番組で医師に育児方針を注意される一幕があった。

 7日に放送された『中居正広のミになる図書館』(テレビ朝日系)に出演した松嶋は、子育てのこだわりとして2人の子供たちに「牛乳を飲ませない」ようにしていることを挙げた。長男の通う幼稚園にも、なるべく牛乳を飲ませないよう伝えており、園では牛乳の代わりに麦茶を出してもらっているそうだ。なぜ子供たちに牛乳を飲ませたくないのかというと、「『牛乳を飲むことによって、体内のカルシウムが尿と一緒に排出されてしまう』『乳製品を多く取っている国は、骨粗しょう症にかかりやすい人が多い』と人づてに聞いたから」だという。

 これに内科医の大竹真一郎氏が反論。“牛乳の摂取により体内のカルシウムが輩出される”という松嶋の説を「体が『取り過ぎたな』と判断しても、余った分はともかく全てのカルシウムを体外に排出するようなことはない」と一蹴した。また、“乳製品を多く取っている国は、骨粗しょう症にかかりやすい人が多い”という説についても「北欧のノルウェー、フィンランド、スウェーデンの国民は骨粗しょう症になりやすいとされるが、その原因は牛乳を飲むからではない」とバッサリ。北欧の人々は太陽光に含まれるビタミンDを身体に十分取り入れることができないため、骨粗しょう症を引き起こすのではないか、と説明した。

 それにしても、松嶋が“人づてに聞いた話”をなぜ真に受け実践してしまうのか不思議に感じた視聴者もいたのではないだろうか。しかし子育て中の女性が子供に与える食品に対して必要以上に注意を払ったり、また乳児期であれば母乳育児に強いこだわりを見せることは実によくある話なのだ。

 先日は母乳育児を望む女性をターゲットにした『母乳販売サイト』の存在が取りざたされたが、そこで販売される“母乳”がごく少量の母乳に粉ミルクや水を混ぜた『偽母乳』だったことや、細菌も一般的な母乳の約100倍だったことが毎日新聞で報じられ大きな話題となった。

 この問題は現在まで5回にわたって特集が組まれ、そのひとつに母乳育児にまつわる言説に振り回される女性への取材記事がある。

 そこでは、我が子が上手に母乳を飲む事が出来ず、粉ミルクへの移行を考えるも、ネット上によくある「粉ミルクを足すと、母乳を飲まなくなる」「母乳でないと免疫機能に影響が出る」「母乳で育つと情緒が安定する」などの母乳礼讃説を目にした母親が、“何が何でも”と、より母乳育児に固執していく様がわかりやすく伝えられていた。記事には、この女性の子供が1歳になるまで記していた『育児日記』も公開されているのだが、毎日びっしりと母乳育児への悩みが書き込まれており、切羽詰まった様子が伺える。

1 2

ブログウォッチャー京子

1970年代生まれのライター。2年前に男児を出産。日課はインスタウォッチ。子供を寝かしつけながらうっかり自分も寝落ちしてしまうため、いつも明け方に目覚めて原稿を書いています。

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

【高千穂牧場】牛乳800ml×3本セット 宮崎の新鮮な成分無調整牛乳