連載

有名スポーツ選手を落とした『プロ彼女』がEテレで実用的すぎる「タニマチ作り」公開!

【この記事のキーワード】

asukatitle001

ロンドンブーツ1号2号・田村淳の嫁、香那さんや、俳優・西島秀俊の妻が昔地下アイドルだったのでは? という報道により世の中から注目された『プロ彼女』。
彼女たちは、自らをプロ彼女とは称さず、ひっそりとその爪を隠し虎視眈々と結婚を狙い、継続的な関係を保つことを心がけている“影の存在”のようなイメージ。
しかし先日、ブタの人形に扮した顔出しNGのワケありゲストから、同じくモグラに扮したMCの南海キャンディーズ山里、YOUが「ねほりはほり」聞き出すという『ねほりんはほりん』に、元グラビアアイドルのプロ彼女が登場したのです!

筋肉フェチな彼女は「アスリート専門のプロ彼女」で、今まで5人の日本代表クラスのスポーツ選手とお付き合いしてきたのだとか(交際中も家族や友人には極秘)。
そして、めでたく“とあるスポーツの日本代表選手”と結婚されました。

番組では、
・スポーツ選手へのアプローチは「家事ができる・栄養に詳しいアピール」「筋肉話」が必至。
→猛勉強する。
・業界人と出会うには、「飲み会やパーティに呼んでもらう」ことが重要。
→六本木のクラブのVIP席にいる女の子と仲良くする。
→“タニマチ”に出会う。
※タニマチ=特定の選手を支援する個人スポンサー

などのテクニックを紹介していましたが、中でも住んでいる地域に関係なく、誰でも簡単にできると感じたのは“Twitterを使ったタニマチとの出会い方”!

Photo by Scott Beale from Flickr

Photo by Scott Beale from Flickr

【Twitterを使ったタニマチとの出会い方】
・アイコンは胸を盛り、斜め上から100枚ほど撮り、奇跡の1枚を採用する。
・芸能人やアスリート本人だけではなく、周りの友人らしき人物や、後援会の人物もフォローする。
・プロフィール欄や投稿に狙った人物の関連ハッシュタグをつけ、関係者の目に留まるようにする。
(例)
「今日は試合観てきたよ~! ホントかっこよかったな♡ #ジャイアンツ #東京ドーム #野球」

確かに私自身も、有名人やアスリートにTwitter上で絡んだ時に、本人から返事が来たり、Messageを使って食事のお誘いを受けた経験はあります。
中には、男性芸能人自ら「ファンをTwitterでナンパした」などと告白している人もいますよね。
とはいえ彼女は、本人には「ファン」だとは言わず、試合の話も極力しないとのこと。
「スポーツとは別の部分で満足させる」ことを徹底していたそうです。
芸能人とお友達になったり、身体の関係に発展するには、かなり有効な方法なのではないでしょうか?

プロ彼女を“ただのビッチ”と感じるか、“目的のために努力している女性”と感じるかは賛否両論かと思います。
しかし、番組内でYOUが放った、
「『彼氏ができない』『出会いがない』なんて悩んでる子って多いけどさ、そんな努力もしてない“ありのままの大根”が食えるか!」
という言葉。
そして、プロ彼女自身が言っていた、
「自分に自信を付けようと努力した結果、いわゆる『プロ彼女』になった」
という言葉に、私は“ただのビッチ”と括ってはいけないなと思いました。

他人からどう思われても、本人の人生が楽しければそれでいいのだと思います。
Twitterだけではなく、LINEや755、Facebookなど芸能人や業界人と絡める場所も増えています。
有名人とまではいかなくても、気になるバンドマンや、大物社長、売り出し前のモデルや引退後のアスリート、地元の名士などメニューもさまざま♡
そして、気になる相手が一般人の場合でも、プロ彼女テクは使えることが盛り沢山!
ぜひ、この夏の思い出作りに、有効活用してみてはいかがでしょうか?

ただし、一歩間違えると『都合のいい女』として扱われる可能性が高くなりますのでご注意を……。

■谷川明日香/ 芸能経験を経てライフスタイル、美容の会社を設立。モテ男育成や婚活講座の講師や男性用コスメ「オールインワンメンズケア」をプロデュース。TVなどメディアでバイセクシャルをカミングアウトしている。公式ブログ、Twitterアカウント(@t_asuka)、Lagrangeオールインワンメンズケア

backno.

 

谷川明日香

芸能経験を経てライフスタイル、美容の会社を設立。モテ男育成や婚活講座の講師や男性用コスメ「オールインワンメンズケア」をプロデュース。TVなどメディアでバイセクシャルをカミングアウトしている。

@t_asuka

Lagrangeオールインワンメンズケア

公式ブログ

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

SNSって面白いの? 何が便利で、何が怖いのか (ブルーバックス)