ゴシップ

“死ぬまでセックス”のヤンジー跋扈も…加藤茶夫妻「潔癖症だからキスもしない」「子作りは…」

【この記事のキーワード】
加藤綾菜オフィシャルブログより

加藤綾菜オフィシャルブログより

 “死ぬまでセックス”を謳い、やんちゃなジジイ(ヤンジー)たちを鼓舞してきた「週刊ポスト」(小学館)。最近は一時期のように毎週性愛をテーマにした記事が掲載されることはなくなり、そろそろ枯れたかと思いきや、夏目前のタイミングで二週連続で“死ぬまで~”特集をドドンと掲載した。「若い男より、60歳以上の男性とのセックスが好き」と自称する女性たちの座談会や、60~70代男性の語る成功体験、週イチで妻との行為を欠かさないという85歳男性のインタビューなど盛りだくさんである。

 高齢になっても女性と行為をして現役を維持したいと志す一部の男性にとっては、45歳年下の妻・綾菜(27)と再婚を果たした加藤茶(72)は、ある意味、憧れかもしれない。しかし14日放送の『発見!ウワサの食卓』(フジテレビ系)に夫妻で出演した加藤は、「だんだん衰えてくるよ」とこぼし、綾菜も「キスとかしない」と話し、性的コミュニケーションがないことを強調していた。

 料理愛好家の平野レミがホストを務めるコーナー「お助けレミさん!」に揃ってゲスト出演した夫妻は、「よくでもさぁ、72歳の人と結婚したね」等々、失礼な質問も直球ストレートでぶつけてくる平野にたじたじ。「子供作らないの?」という質問に、加藤は「努力したんだけどなかなか出来なくて……」と明かした。結婚当初は「週2で子作り」と言っていたが、今年5月に出演したイベントでは「月に1度か2度」と話していた加藤。やはり2人の子供を授かるための努力はしていたのだろう。しかし平野が「男は100歳になっても(子供を作ることが)出来るってね」と明るく言うと、「だんだん衰えてくるよ」と弱気を見せた加藤。

 また、歳の差があるゆえに加藤の方が恋愛・性経験も豊富だろうと単純に考えたのか、平野は綾菜に「(加トちゃんは)キスなんか上手でしょ?」と振ったのだが、綾菜は「加トちゃんが潔癖性なのでチューとかするタイプじゃないです」と答え、加藤も「あまりしないです」と続けた。妻とのキスを拒むほどの潔癖症であればキスどころか子作り行為も厳しそうに思えるが……。というか、加藤が潔癖症だという話は、芸能生活50年以上にもなるのに、流布したことがない。ちなみに加藤と前妻の間にはお子さんもいる。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

平野レミの愛情ごはん―家族がいつも笑顔で暮らせるおかずのヒント (saita mook)