ゴシップ

絢香の「ごめんね。。。」にバッシング「育児に専念すれば」「ヒロが見ればいいじゃん」殺到のなぜ

【この記事のキーワード】
『レインボーロード』A stAtion

『レインボーロード』A stAtion

 夫で表現者の水嶋ヒロ(31)との間に今年6月、第一子を出産した歌手の絢香(27)が、今年11月からのツアーについて公式ブログで言及し、プチ炎上している。

 この絢香ライブツアー「レインボーロードTOUR2015-2016~道は続くよ~」は神奈川県秦野からスタートし、名古屋、大阪、東京、福岡、石川、長野、仙台……と続いて、来年2月の広島がラスト。計15会場を予定しているという。

 このツアーは、開催日数も開催地も、過去の規模より縮小されているそうで、絢香がブログで「いつもに比べて本数が少なく、北海道や四国がない事に気付いてる方もいるかと思いますが…>_<…本当に本当にごめんね。。。」と謝罪。確かに昨年の8~11月に敢行した「絢香 にじいろAcoustic Live Tour 2014 ~3-STAR RAW~」は、鹿児島や愛媛・香川、岩手、北海道、岡山なども含め26日間のライブツアーだったが、今回は9カ所12公演。開催地を限定した理由について、絢香は「まだ子供が小さく不安定な時期なので、色々と考えた結果、飛行機でしか行けないエリアはどうしても行くことが難しいとスタッフみんなで判断しました」「今回は赤ちゃんのことを念頭に考えさせてもらいました」と説明している。

 絢香が訪れない地方のファンにとっては残念なのかもしれず、そうした地方に住むファンに向けて絢香は「ごめんね。。。」と言いたかったのだろう。また、興業収入の減少によって落胆する関係者への謝罪の意味も込めているかもしれない。しかし、冒頭で記した通り、彼女はこの6月に出産したばかり。ツアー開始時の11月時点でまだ生後半年未満である乳児の子育てをやりながら、この日程で地方行脚するのはすごいとすら思える。

 ブログには「まだお腹にいた時に、赤ちゃんをどれ位ケアできる体制が整えられるか全くわからない中で会場などをおさえていかなきゃならなかったんだ」ともあり、すでに妊娠が発覚した昨年の時点でライブ会場を決めておく必要があったのだろう。

 そんな絢香の“飛行機で行かなきゃいけないとこ無理でゴメンね”発言が、アンチ絢香には気に食わなかった様子だ。ネット上では、

「ってかしばらく育児に専念したらいいのに。ファンもそんな焦ってないでしょ」
「子供が産まれるのは分かってたんだから、ツアーをもう少し待って貰えば良かったんじゃないの?」
「そんなこと、妊娠中からわかりそうな気がするけど…」

 と、けっこうな批判を浴びている。「そこまでして中途半端にツアー回る必要ある?」と、まだ子供が小さい時期にツアーを強行することを疑問視する声もかなりあった。

1 2

ブログウォッチャー京子

1970年代生まれのライター。2年前に男児を出産。日課はインスタウォッチ。子供を寝かしつけながらうっかり自分も寝落ちしてしまうため、いつも明け方に目覚めて原稿を書いています。

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

にじいろTour 3-STAR RAW 二夜限りの Super Premium Live 2014.12.26 (Blu-ray Disc)