ゴシップ

小原正子「息子に触らないで」悩み告白。親になって考える、他人との距離感

【この記事のキーワード】
小原正子オフィシャルブログより

小原正子オフィシャルブログより

 今年三月に第一子を出産したクワバタオハラの小原正子(39)が、街中でファンが息子に触ろうとすることに悩んでいるとブログに記した。小原は長男の顔写真をブログではっきり公開しており、「誠希千」という名前も公表している。それもあってか、子連れで外出中に、彼女や夫の野球評論家・マック鈴木誠(40)を発見したファンが近寄って来て、息子にも触ろうとするのだという。

 27日に更新したブログ記事によれば、小原一家が家族で外出した際に立ち寄ったガソリンスタンドで、給油していた女性が「きゃーー!赤ちゃんみせてーー!」と興奮して走ってきた。小原はベビーカーを押し、夫が息子を抱いて歩いていたのだが、女性は「かわいいー!」と言って息子を触ろうと手を伸ばしたのだという。夫はその手を反射的によけ、小原も思わず小声で「触らないで」と言ってしまった……という。

 小原は「その方には、失礼だったらすみませんでしたー!いやな気持ちになってしまったのでは???とおもってます」と謝りつつ、詫びながら「やっぱり、急に触られるのは抵抗ありますー!」と記した。こういったことは初めてではないそうで、年配の女性が息子の顔を覗き込み、「よだれ出てるやん」と素手で顔を拭おうとしたこともあったという。記事タイトルでは「過保護???」としつつも、「ぶっちゃけ、せいきちの事に関しては対応に困ることも多いです~」と、「可愛がろうとしてくれる気持ちはうれしいけれど、距離は保ちたい」と本音を打ち明けている。

 このブログ記事へのコメント欄では、同じように乳幼児を育てる立場の親たちから「気持ちよくわかります」「私も経験があります」「いきなりおばあさんが子供にチューしてきたことがあって非常にイヤだった」等々、670件以上ものコメントが寄せられている。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

おはらごはん 食べて仲良くなる73のレシピ