ゴシップ

千秋「離婚おめでたい」、西川史子「恋愛と結婚は違う!」…結婚とは一体何なのか?

【この記事のキーワード】
千秋

毒舌ぶりっ子(『苺同盟』アスコム)

 7月23日放送の『解決!ナイナイアンサー』(日本テレビ系)で、タレントの千秋(41)が「離婚は浮気より健全。むしろおめでたいこと」と主張したことが波紋を呼んでいる。

 この回のテーマは「離婚のお悩み」。パネラーは相原勇、秋野暢子、杉田かおる、千秋、つちやかおり、室井佑月の6名だった。今も布川敏和との結婚生活を継続しているつちや以外は全員離婚経験者だ。千秋は、「離婚成立はおめでたいこと」「相思相愛の夫婦は10%しかいない。みんな不倫している」と持論を展開。Twitterではそんな彼女の主張に共感の声がある一方で、

「離婚成立でおめでとうて言ってたけど全然めでたくない」
「ただ結婚に失敗しただけだろうが。そんなの自慢するなよ」
「離婚したことを後ろ向きに考えないことは良いと思うけど、離婚が良いというのは間違ってる!」
「結婚式で神父に『生涯愛することを誓います』なんて言っちゃってんのに吐き気がする」
「何が離婚して晴ればれだ。子供のこと思ったら、成人するまで我慢すればいいじゃないか」

 といった批判的なつぶやきも多かった。

90%の人妻が夫のことを「もう好きじゃない」

 千秋は2009年にココリコ遠藤章造と結婚、一女をもうけたが、07年に離婚した。そんな彼女にとって、「離婚はワクワクする感じ」だったという。

千秋「世の中は結婚したら大成功でおめでとう、離婚したら不幸の真っただ中でマイナスなことと見られている。でも私の見解では、離婚は『次のステージ』でワクワクする感じ。離婚が成立したときには、高校受験で合格発表もらったみたいに『やったー』ってスッとした」

 離婚成立の翌日、女友達が集まって彼女をお祝いをしてくれ、用意されたケーキには「HappyNewLife!」と書いてあったという。その言葉を見て、「これこれ、まさにこれ!」と千秋は快哉を叫んだそうだ。

 また、千秋は、離婚経験者として、芸能界で離婚を考えているという人からの相談をよく受ける。その際、離婚成立した相手に「おめでとう」とメールをすると、「まさにそういう気持ちなんです! 表向きには言えないけど、やっと離婚できました」と喜ばれるという。「だから離婚して本当に落ち込んでいる女の人、一人も聞いたことないです。これは芸能人に限らず、一般のお友達でもそう」と、彼女はあくまでも強気だ。

 さらに千秋は「これから言うことは男の人にとっては怖いかもしれないけど、一般のお友達の本当の事情です」と前置きして「妻たちの浮気の実態」を明かし始めた。いわく、

・本当に旦那さんのことが好きで相思相愛の夫婦は、10%しかいない
・残り90%の妻はもう好きじゃない
・そのうちの約50%は、旦那さんを好きじゃないどころか、他に好きな人がいる
・さらにそのうちの約30~40%は、彼氏もいる

 これには司会のナインティナインも驚愕で、新婚の矢部が「それ、不倫やんか」とツッコミ、恋愛に潔癖な岡村に「ジャパン終わったな」と冷笑されても、千秋は不倫トークを続ける。

千秋「みんな本当にすごいいっぱいいるんですよ。SNSもそうだし同窓会もそうだし、自分の気持ち次第で出会うところはいくらでもあって。子供が眠っていて旦那さんが会社に行っている間に1時間もあれば、誰とでも繋がるんだよ。その気になればすぐ。だからダブル不倫も多いし」

 極めつきは「多摩ニュータウンの怪」だ。千秋が「多摩ニュータウンのお友達」から聞いた話だというが、多摩ニュータウンに住むその人妻が5人のママ友とお茶していたときに、「実は私彼氏がいるんです」と打ち明けた。彼女は驚かれるかなと思ったが、「私も」「私もいる」とみんな言い始め、逆に驚いたというものだ。杉田かおるが「多摩ニュータウンって、(高速道路の)インターが近いからラブホテルが多いのよ」と補足していた。

1 2 3

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

ゼクシィ首都圏版 2013年 08月号 雑誌