連載

10万円のセッション、膣ハグ、ひとり宇宙…子宮を崇めすぎて魔女化する女たち

【この記事のキーワード】
SpiYakou23a

しQちゃんの友だちかな? Photo by Justine from Flickr

 スピリチュアル界の〈セラピー〉には前世療法やインナーチャイルドなどさまざまなものがありますが、今、盛り上がりつつあるのが〈子宮系〉です。

 子宮は女性の生殖器であり、妊娠すると胎児を育てる部屋となる〈筋肉の塊〉なのですが、スピ的子宮論を唱える人たち曰く、この臓器にネガティブな感情やらカルマやらがたまるといいます。そんな子宮から湧きでる〈声〉は〈魂の欲求〉なので、その声に従って生きると何かしらのご褒美がもたらされ、幸せになれるという考え方です。また、やっかいなものがたまると同時に神聖なパワースポットであるとも謳われ、その根拠は〈子宮の「宮」は神社の「お宮」を表し、膣は参道の役割〉だからだそうで……。

 神道やタントラ教のそれらしいところをピックアップして、個人的体験と流行のスピ用語でコーティングしたような〈子宮教〉は、ここ最近、健康被害の注意喚起が促されるようになってきたジェムリンガ(膣にパワーストーンを挿入するというヒーリング)が、おそらく総本山的存在です。ジェムリンガの開発者は男性でしたが、それに続く子宮ヒーリング布教者は当然のことながら、ほぼ女性(まれに布教者のパートナーが便乗してイベント的なものを行っているようですが)。北朝鮮でいえば喜び組に相当するであろう〈子宮系女子〉たちが提唱するヒーリングの中から、注目度の高いものを次にご紹介しましょう。

子宮メソッド

 子宮委員長はるさんがレクチャーする、自己啓発法。ジェムリンガマスターでもある子宮委員長は、前出の子宮パワスポ説をベースに「子宮周辺の血管や神経は神様と人間をつなぐ龍神様の通り道=龍脈である」と解説。だから子宮を活性化させるほどに人脈運や金運もアップ! もしこれらを発揮できないのであれば、それは常識や世間体、固定概念トラウマ、母の呪縛etc.が凝縮された〈カルマ粒〉が原因なのだといいます。筋肉の塊である子宮にそんなドラマがあったとはねえ。

 このような〈子宮のしくみ〉を解説するDVDは90分9000円で販売され、個人セラピーである〈お宮様セッション〉はなんと90分10万円! 群を抜いて高額なヒーリングにも関わらずお布施を納める信者は少なくないようで、ブログを読むと年収2000万を超えた年もあるとのお話ですから、子宮系が盛り上がっているのは間違いなさそうです。

 子宮委員長がこのような子宮のしくみを発見したのは、風俗、中絶、挫折、鬱などを経験し〈神の存在を子宮に感じた〉という経緯があるのだとか。そんな子宮メソッドで聴くことができるという声は、業が深そうで恐ろしいような気がするものの、子宮委員長の夫のブログでは、ディズニーでどのアトラクションに乗るか否かも子宮の声に従って決めたから並ぶことも辛くなかった!という楽しそうな休日報告がアップされていたので、人によっては軽~いノリのお告げが聴こえるのかもしれません。

1 2 3

山田ノジル

自然派、エコ、オーガニック、ホリスティック、○○セラピー、お話会。だいたいそんな感じのキーワード周辺に漂う、科学的根拠のないトンデモ健康法をウォッチング中。当サイトmessyの連載「スピリチュアル百鬼夜行」を元にした書籍を、来春発行予定。

twitter:@YamadaNojiru

Facebook

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

正しい保健体育 ポケット版 (文春文庫)