連載

プロ彼女はネット上に痕跡を一切残さず、芸能事務所にも籍を置かない

【この記事のキーワード】
園崎愛海

痕跡残しまくって生きてきちゃったわ~

 プロ彼女の生態を探るこのインタビュー企画。

A子さん/ナチュラルボーン・プロ彼女の生態は「献身」がデフォルト

B子さん/「地位のある男の妻」になりたくて…。現役プロ彼女の緻密な計算と実行力

C子さん/やはり忍耐必須? 浮気相手から妻に昇格した、幸運のプロ彼女

 銀座の一流クラブでホステスをしていたD子さん(23歳)。バラエティ番組などでタレントとして活躍中の彼が、お客さんとしてそのクラブに来た夜から、彼女の運命は大きく変わりました。

 当時の彼女の交友関係を補足しますと、芸能関係に限らず、あらゆる分野のエキスパートや権力者、物凄くVIPな方たちを毎晩のように接客し、高級クラブの中でもとても人気のあるホステスでした。朝起きてから寝るまで電話が鳴りっぱなし、休日も接待ゴルフやお客様とのランチや挨拶回りだったそうです。これ、仕事にプライベートの時間が思いっきり侵食されてる状態ですよね。というか携帯の電源を切るか海外逃亡でもしない限り、一人で過ごすプライベートなし? 尊敬します。私は友人から電話がかかってくる頻度さえ週1程度です……いいんです私はほとんどの時間を読書や映画鑑賞等のフィクションの世界にいることが楽しいんです……ああ、根暗感。

 さておき、見目麗しく、その道のプロとしてコミュニケーション能力にも長けているD子さんに、タレントの彼は一目惚れしたようです。彼は何度も店に通い、D子さんを見事口説き落としました。仕事柄、芸能人慣れをしていて全く気後れのなかったD子さんの態度も魅力的だったのかもしれません。

1 2 3

園崎愛海

&M所属、駆け出しの際どいグラビアアイドルとしてイメージDVD発売中。未熟ながらもポールダンサー。Twitterアカウント「@garnety666」にて、可愛気のない生活を惜しげもなく発信。小説、漫画、映画、ゲーム、とフィクションの中にいることが趣味。

@garnety666

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

スマホ・パソコン・SNS よく知ってネットを使おう! こどもあんぜん図鑑