ライフ

「恋するように健康になって欲しい」練馬区の健恋7係プロジェクトはなぜ炎上した?

【この記事のキーワード】
練馬区が掲示していたチラシ

練馬区が掲示していたチラシ

 「女子は、いくつになってもキレイでありたいと願うもの」なのでしょうか?

 東京都練馬区が「区民の皆さまに『恋』するように『健康』のことを思ってほしい、また、職員も『恋』するように熱い思いで伝えたい、という願い」を込めて、平成26年7月から始めた「健恋7係プロジェクト2015」に批判が殺到しています。冒頭のフレーズは、本プロジェクトで使用されているものです。

 「健恋7係プロジェクト」は、練馬区の健康推進課が、係を越えて実施する広報戦略。昨年も同様のキャッチコピーを掲げて活動していたようですが、プロジェクトの一環として、8月8日にフリーペーパーが創刊されたことで、注目を浴びたようです。

 すでに練馬区のサイトから削除されている本プロジェクトのチラシにはこのようなフレーズがあります。

「キレイ」は、素敵。
「健康」は、無敵。
自分を気遣える女子は、「できる女子」です。
健康7係は、すべての女子の「できる化」を応援します。

 「キレイ」「健康」でありたい女性は少なからずいるでしょう。もしかしたら多数派なのかもしれません。しかし、このような価値観を行政に掲げられたら、「キレイでない人」「健康でない人」はまるで「できない人」のように見えてしまう。突然のケガや病気を患い、健康でなくなってしまった人は「できない人」ということなのでしょうか? 身体の不調を自己管理の至らなさに押し込めてしまうことは、「自己責任論」や「自衛論」が大手をふるう空気を後押ししてしまいます。

 ただ、掲げられているフレーズだけで、内容はしっかりしている可能性もあります。

 8月8日に創刊されたフリーペーパーには、7月に実施された「『夏の温活女子講座』のダイジェストをメインに、その他女性に喜んでいただける内容」が書かれています。中面には、室内外の寒暖差が激しく自律神経のバランスに影響がでやすい夏は「冷え」対策が大切ということで、「冷えない女子の『温活』な1日」を描いています。

 ポイントは「食べること」「冷房対策」「お風呂の入り方」「質のいい睡眠」の4つ。健康に過ごすためのよくある方法で、突っ込みどころは見つかりません。

 あえて言えば、女性に限らず、「冷えにお悩みの方」に向けたアプローチをすれば良かったのでは? という点。あるいは行政であれば個人レベルの対策ではなく、「冷えやすい」環境をどう変えていくかを提言すべきだったのではないかという点でしょうか。個人レベルの対策は、それぞれが女性誌や健康美容業界の発信を参考にすれば良いわけで、行政が個人に押し付けることではないでしょう。「クールビス」はもちろん、「練馬区内は、冷房の設定温度を○○度に推奨します!」といった対策を掲げることも出来たはずです。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

恋する覚悟 (中経の文庫)