ゴシップ

スザンヌのヨガインストラクター就任に批判が殺到した理由

【この記事のキーワード】
スザンヌ

スザンヌ オフィシャルブログより

 4月、自身のブログで、3カ月間の勉強の末にグラヴィティヨガインストラクターの試験に合格したことを明かしていたタレントのスザンヌ(28)。3月に離婚してから、バラエティー番組出演時には離婚絡みのネタにも笑顔で応え、離婚特需的にメディア露出を増やしていた彼女だが、一方ではグラヴィティヨガインストラクターという新たな道も開拓していたようだ。

 ブログ記事で彼女は、「夏頃にはイベントやクラスができたらいいな」と今後の展望を綴っていたが、今月25日に初のレッスンが開催されるという。レッスンは彼女の地元である熊本で行われ、定員は45名、参加費は4500円だ。

 しかし、そんなスザンヌの新たなお仕事に、ネット上で多数の批判が向けられている。

「3カ月で先生になれるヨガに長く通い続ける生徒さんがいるんですかね?」
「お金払ってまで行こうとは思わない」
「元々ヨガ経験者だったワケでもないのに」

 どうやら、彼女が取得したグラヴィティヨガインストラクターの資格が“3カ月”で取れるものであることから、「お金を取って人に教えられるほどの技術はない」と捉え、否定的に受け止めた人が多いようだ。

 資格といっても、長期的に勉強に取り組まなければ取得が難しいものから、短期間の講習や勉強で取れるものまで様々ある。スザンヌが取ったものは後者のようであるが、そうした資格があるから取得したまでのことで、彼女自身を批判の矛先にしていい理由にはならないだろう。

 また、彼女は現在一人息子を育てるシングルマザーであり、東京でのタレント活動の際は息子を熊本の実家に預けて単身で東京に来なければならないことを気に病んでいた。しかし、地元でヨガ講師をすれば息子との時間も確保できる。彼女の知名度であれば、レッスンの集客力もあるだろうし、合理的で堅実なやり方なのではないだろうか。オバカキャラで世に出た彼女だが、やはり馬鹿ではなさそうだ。

 彼女が“出稼ぎ状態”である現状を公表したときには、「子供のそばにいてあげて」との批判が沸き、実際彼女が子供との時間を確保できる方法を見い出すと、また別の批判があった。では一体、どうしろというのか。ああしろこうしろ、いやするな、とうるさい世間の声が、スザンヌのみならず母親たちが働きづらさを感じる要因のひとつとなっている。

(シュガー乙子)

[PR]
[PR]
90分DVD付き はじめての楽しいヨガ4週間プログラム―1日10分で全身シェイプアップ