ゴシップ

「さすがに心が折れた」坂口杏里、小峠と交際中の苦悩告白 一方でホスト関係者との交流も続く

【この記事のキーワード】
坂口杏里Instagramより

坂口杏里Instagramより

 昨年10月に週刊誌にて水族館デートが報じられて早10カ月――今年6月末に破局したにも関わらず、今なお破局理由や現在の2人の関係をメディアで明かし続けている元カップル・タレントの坂口杏里(24)とお笑いコンビ・バイきんぐの小峠英二(39)。16日に放送された『上沼・高田のクギズケ!』(読売テレビ)に出演した坂口は、ここでもまた小峠との破局について語っていた。

 同番組で坂口は、小峠と交際していた半年間、一部から「ビジネス恋愛」と言われ続けていたことについて「さすがに心が折れた。私の中では本当に好きで。好きで好きでしょうがなくて」と当時の心境を明かした。さらに「子供をできさせようかなと思っちゃって」と、小峠を愛するあまりできちゃった婚を企てようとしていたことも告白。しかし、小峠には結婚願望がなかったため、友達関係に戻ることにしたという。

 そんな坂口について視聴者からは「できちゃった結婚に持ち込もうとしたとか怖い」「そんなに本気だったらホスト遊びはしなかったのでは」との声が。坂口は小峠との交際が明るみになった直後に、週刊誌にホストと遊ぶ様子をスクープされていたためである。

 その際、小峠は「知らなかったですが、ホスト通い、イケメン、いいんじゃないですか」と余裕の対応を見せていたが、意中の相手がいる一方でホスト遊びをするという坂口の行動は、世間にとっていまだに引っかかる出来事なのだろう。

 とはいえ、あくまでもホストは完全な友達付き合いという可能性もある。坂口は自身のInstagramで新宿・歌舞伎町でホストクラブを運営するAIR GROUP関連のアミューズメントバー「AZ」のプロデューサーで元「men’s egg」(大洋図書)モデルの田中大地とのツーショットや、「大切な友達はずっと大事にしなきゃいけない 男友達が多いのは自分が男っぽいから」とのコメントとともに若い男性3人に囲まれた写真などを公開している。中には「前に好きだった 年下 今やかわいい」と過去に恋愛感情を抱いていたホストとのツーショットも投稿。彼らは「大切な友達」らしい。小峠の対応も、そんな坂口の性格を十分にわかっていたからこそのものなのではないか。

 当時の坂口が本当に小峠を愛していたゆえに、彼に恋する日々が楽しすぎた結果、自らSNSやメディアで赤裸々に語り「ビジネス恋愛」扱いされてしまったのだとしたら少々気の毒である。また、思い留まったとはいえ、小峠は望んでいないにも関わらず妊娠していたとしたら、それはそれで不幸になっていたかもしれない。小峠との恋を通して、自身がタレントという立場であるため「恋愛は内密に進めるべき」と学んだ可能性もある。そう考えると、今回の恋愛は今後の彼女にとって有意義なものとなるかもしれない。
(ルイコスタ松岡)

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

上沼恵美子のおしゃべりクッキング 2015年7月号雑誌