ゴシップ

戸田恵梨香は厄介な女優? 職場で「女性の気遣い」を求める奴らの非常識

【この記事のキーワード】
『リスクの神様』公式HPより

『リスクの神様』公式HPより

 17日、都内で現在放送中の連続ドラマ『リスクの神様』(フジテレビ系)のファンイベントが開催され、主演の堤真一(51)と戸田恵梨香(26)が出席した。ともに兵庫県出身だという堤と戸田は、現場では関西弁で会話することも多く、戸田は「ずっと関西弁で話したまま、『よーいスタート』で本番になって、たまにイントネーションを2人でトチってしまうこともあります(笑)」、撮影現場の雰囲気が和やかであることを明かした。

 しかし共演者の中で敵に回したら怖い人は誰かという話題になった際、堤は「一番厄介なのは戸田恵梨香ですね(笑)。この人の機嫌が悪くなったら現場が進まないんじゃないかと思うくらい」「いろんな意味で恵梨香」と発言。対して戸田は「うそー!」と驚いていた。

 同郷で仲がいいからこそ、堤は公の場で厄介な共演者として戸田の名を挙げたようだが、このイベントの模様を伝えたネットニュースの読者にはこれが悪い意味に捉えられてしまったようで、戸田について「やっぱりめんどくさい人なのかな」「わがままそうだし」と否定的な声が相次いでいる。

 こんな些細な発言にも食いつかれるのは、以前から戸田の現場での態度についてネガティブな報道が複数あったためだろう。

 戸田は、数年前から現場での態度がキツイとされ、“別に”発言をはじめとするお騒がせ騒動で一時芸能界から干された状態であった沢尻エリカ(29)と同じ名前であることから「第二のエリカ様」と揶揄されていた。

 具体的にどういう態度なのかというと、ドラマの収録が重なると疲労から機嫌が悪くなって番宣やインタビューに非協力的になったり、スタッフに加湿器を常に持たせ、提供される弁当などにも注文が多いという。また映画撮影時に監督との会合を求め、「こうした方がいい」と演出について自分の意見を言うこともあるという。よって、業界内からは「もう一緒に仕事をしたくない」との声が出ているというのだ。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

SPEC~零~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿 ディレクターズカット版【Blu-ray】