ゴシップ

悪ぶるほどに、愚かさとマチズモを露呈する…。韓国ヒップホップ界の実情

【この記事のキーワード】
KOREA104

WINNER日本公式HPより。右から2番目が問題のミンホ君

 韓国では今、ヒップホップが大流行。悪そうな奴から賢そうな奴らまでいて、日本のK-POPアイドルファンも韓国ラッパーに大夢中! となれば、センセーショナルに目立ちたがる輩が増えても仕方ありません。

  最近の注目株はBIGBANGを擁するYGエンターテインメント(以下、YG)に所属する新人グループ、WINNERのメンバー、ミンホ君。ラッパーのバトル番組「SHOW ME THE MONEY 4」に出演した彼は、「女狙撃。産婦人科のように広げて」と歌い、韓国中の女性、そして産婦人科医から批判されました。

 いわんとする意味はよく分かりませんが、察すれば、「俺のビッグなディックのようなラップの前に、世の女どもは股を開け」ってことでしょうか(推測)。このラップに対して「お前の母さんは股広げずに、お前はどっから生まれてきたんだ?」という、まったくもって正しい批判もありますが、ここに〈産婦人科〉の文字がなくとも、「女を狙撃し、股を開かせる」わけですから、これを女性蔑視といわずして、何というのでしょう?

悪目立ちが加速する…

 とはいいつつ、彼の気持ちも分かります。YGの練習生が2チームに分かれて競うオーディション番組『WIN:Who Is Next』で勝ち、WINNERの一員として2014年に日韓ほぼ同時デビュー。残念ながら注目度はイマイチで、特に日本では最大手のavexからデビューしていながら、その事実すらあまり知られていません。その理由はWINNERの日本盤アルバムを聴けば、一聴瞭然。歌が全然伝わってこず、アルバム1枚を聴くのが拷問にすら感じるのですから。

 しかも、「SHOW ME THE MONEY 3」では、前述したオーディション番組の負け組メンバーが優勝したこともあって、WINNERには名前負けの感すら漂います。ミンホ君は、後述する「BORN HATER」という曲のPV中、トイレの中でひとりバットを振り回しているのですが(念のために書き添えれば、野球の素振りではありません)、これも破れかぶれってことなんでしょう。いまどきの日本では、バットを振り回すワルもそうそういませんって。

 つまり、「女性蔑視だろうが何だろうが、目立ったモン勝ち」と考えた末のラップが、「女狙撃。産婦人科のように広げて」になったわけです。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

WINNER 1st JAPAN TOUR 2014(DVD2枚組)