ゴシップ

IVANのカミングアウトに「お腹いっぱい」食傷気味の不幸自慢大会

【この記事のキーワード】
『IVANTITY これが私の生きるRUNWAY』ワニブックス

『IVANTITY これが私の生きるRUNWAY』ワニブックス

 タレントでモデルのIVAN(31)が、17日放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)に出演した際、かつてホームレスだった過去を告白した。

 18歳でメンズモデルとしてデビューしたIVANは活躍の場を順調に拡げ、3年後にはパリコレへの進出を果たす。しかしその後、21歳のときに4カ月ほどホームレス生活を行っていたという。本人によれば、こうなる根底には“みんなと同じ人生はいやだと思っていた。個性的であろうと”思う気持ちがあったという。パリコレまでのぼりつめて音楽活動を始め、当時の所属事務所に断りなく、勝手に事務所を移籍したことから寮を追い出されてしまったことがホームレスへと至るキッカケだった。浅草でホームレスの男性たちに「弟子入りさせてください!」と頼み込み、仲間に入れてもらったという。

 そんなIVANの衝撃のカミングアウトには「よく持ち直したね」という声もあるが「不幸自慢はお腹いっぱい」「自分で選んでホームレスになって(友達捨てて)4カ月でギブアップで友達にsos 、こういう頭弱い男って嫌い」という声も多い。芸能人による“不幸な過去エピソード”にはすでにお茶の間も食傷気味であるようだ。実際、ホームレス生活や車上生活、苦労した幼少期を明かした事のある芸能人は他にも多数いる。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

IVANの一生女子宣言!