ゴシップ

堀北真希にとって「最高のタイミング」だった山本耕史との結婚

【この記事のキーワード】
左『NHKDVD 陽炎の辻~居眠り磐音 江戸双紙~ 海の母』ポニーキャニオン/右『steady. 2015年 04 月号』宝島社

左『NHKDVD 陽炎の辻~居眠り磐音 江戸双紙~ 海の母』ポニーキャニオン/右『steady. 2015年 04 月号』宝島社

 8月22日、女優の堀北真希(26)と俳優の山本耕史(38)が結婚したことが明らかになり、日本中を騒がせた。

 これまでほとんど色恋沙汰がなく、清純派のイメージが強かった堀北が交際2カ月という超スピード婚をしたことで、ネットは「びっくり!」「まさかの2人」と驚きの声で溢れ返った。スピード婚であることから「できちゃった婚では?」との声も多かったが、堀北は「妊娠しておらず、仕事を続ける」と発表されている。

 そして24日、朝の情報番組『とくダネ!』(フジテレビ系)にて、山本が今回の結婚について語ったインタビュー映像が流れた。それによると、山本は6年前に堀北と共演したドラマ『アタシんちの男子』(フジテレビ系)の撮影時点ですでに彼女に好意を寄せていたという。その際、連絡先を聞いたものの、堀北には事務所の電話番号を教えられ撃沈。その後も共演の機会があるたびに山本は飲みに誘ったりとアプローチを続けたが堀北は全くなびかず。今年5月上演の舞台『嵐が丘』での共演時にも手紙を40通も送る猛烈アプローチを続け、再び連絡先を聞いたもののやはり教えてもらえず、せめてもの可能性にかけて自分の連絡先を渡したのだという。山本、かなりしつこい。

 すると、思いがけず堀北から「お疲れ様でした」とLINEがきて、2人の関係性に変化が。それでもなかなか会う機会はなく、山本は堀北が京都に向かうという情報だけを頼りに自身も京都行きの新幹線に乗り込んだ。そこで奇跡的に堀北と会うことができた山本は、指輪を渡し結婚を申し込んだという。付き合ってもいないのに、指輪とプロポーズ。すごい重みだが、これを受けた堀北もすごい。山本いわく「交際期間0日」。大島美幸・鈴木おさむ夫妻の馴れ初めとよく似ている。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

アタシんちの男子 (マーガレットコミックス)