ゴシップ

ベタベタくっつき愛を激写された藤原紀香と片岡愛之助のイタさ

【この記事のキーワード】
左:藤原紀香オフィシャルブログより/右:片岡愛之助オフィシャルブログより

左:藤原紀香オフィシャルブログより/右:片岡愛之助オフィシャルブログより

 5月に同棲愛をスクープされた女優の藤原紀香(44)と歌舞伎俳優の片岡愛之助(43)。この時、愛之助はタレントの熊切あさ美(35)との交際を公にしていたために、愛之助の浮気や藤原の略奪愛がささやかれたが、2人はお互いについて「友人」だとしていた。

 その後、愛之助と熊切の泥沼破局劇が連日マスコミを賑わせ、弁護士を挟み熊切が愛之助に慰謝料を請求しているという話も。熊切自身は、8月のイベント出演時に愛之助への未練はないと語っていたが、破局騒動はかなり長引いた印象だ。

 しかし今になって、あくまで「良い友人」関係だと釈明していた愛之助と紀香の、ラブラブすぎる鮮明なツーショットが、最新号の「フライデー」(講談社)に掲載された。掲載写真は「わざと撮らせたのか?」と疑いたくなるほど夜道なのに鮮やかで、二人がベタベタくっつきながら道を歩く様子がはっきり捉えられたものなど5枚。記事によると、愛之助はエステ帰りの藤原をスポーツカーで迎えにあがり、その後コインパーキングに車を停め、藤原とがっちり手をつなぎながら歩いていた。藤原は楽しそうな様子で、彼女のはしゃぐ声が辺りに響いていたそうだ。「2人は紀香の家で一緒に暮らしている」との関係者の証言もあるが、「セブン」報道時にも半同棲中と書かれたことを思えば納得だ。これら一連の写真について、ネット上では「見て見て~って感じでイタい」「愛之助の私服がおじいちゃんくさい」と不評の声が多数である。

 愛之助は28日16時ごろにブログを更新し、「この度、藤原紀香さんと交際をさせていただくことになりました」とついに報告。熊切と紀香を“同時進行”していたことについてはイメージダウンを避けるべく「僕の人生上、2人の女性を同時に好きになったことや、重なってお付き合いをしたことは一度もありません」と釈明することも忘れていない。「セブン」の報道時は友人関係であったものの、「藤原さんサイドに多大なご迷惑をお掛けし、お詫び方々 深い話をするようになり徐々に距離が縮まり、それらの逆風を乗り越える相談をする中で次第に〝絆〟のようなものが生まれ、互いに大切な存在であることに気づきました」と、説明している。

 藤原は少し前に、とあるインタビューで「40代になって今は自然でとってもいい感じ。子供が欲しくなったら結婚すればいいかなって」と語っていた。また愛之助は、以前トークショーで結婚について「“タイミング”って何でしょうね。いつ結婚してもいいんですけど、ボクも悩んでるんです、それ」「ボクは結婚したら毎日『愛してるよ』って言いたい。日本人って言わないじゃないですか、照れくさくて。でも頑張ります」と明かしている。結婚も子供も、当人たちが望むようにすれば良いことで、そういった約束事よりも燃え上がる恋の炎を重視するとしても他人から責められることではないのだが、お互い40代前半で同世代の彼らにとって、これはひょっとして結婚を視野に入れた交際なのだろうか?

 2人とも結婚願望はありそうだが、梨園という特殊な環境にいる愛之助であるがゆえ、藤原が子供が欲しいと思ったタイミングですんなり結婚、とはなかなかいかなそうだ。まして藤原は、女優業をすっぱり引退し、梨園の妻として引っ込むタイプでもない。そもそも44歳という年齢を考えれば不妊治療を視野に入れておく必要があるし、出産を望むとしたら一刻も早く実行にうつしたほうが生殖医療的に良いであろうことは明白。愛之助の元カノである熊切は結婚問題で何かと悩まされていたようだが、果たして藤原は愛之助との今後をどう考えているのだろうか。

(シュガー乙子)

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

紀香バディ!2 リ・アル