インタビュー

“理想の男らしさ”が重い。現代を生きる男性の抱える「生きづらさ」とは?

【この記事のキーワード】

momoyama

 男性のジェンダー意識の低さがたびたび炎上騒ぎを起こしている昨今。その原因の一端は「男の生きづらさ」にあった!? 今回は、男性学の専門家である武蔵大学・田中俊之先生に、桃山商事の清田代表がお話をうかがいました。

「男らしさ」と「カッコ良さ」が一致しなくなった現代

田中俊之

田中先生、よろしくお願いします。

清田代表(以下、清田) 桃山商事は「失恋ホスト」といって、恋愛に苦しむ女性たちからひたすら愚痴やお悩みを聞かせてもらうという怪しげな活動をしているのですが、そういうことを続ける内に、「恋愛で起こる諸問題はほとんど男に原因があるのでは?」という極端な考えになっていきました。

田中俊之(以下、田中) messyでも男叩きの連載をしてますよね(笑)。

清田 はい、その名も「クソ男撲滅委員会」という……。そんな中、田中先生の『男がつらいよ─絶望の時代の希望の男性学』(KADOKAWA)を読んで、ハッとさせられたんです。男には男特有の「生きづらさ」があって、それは社会構造が生み出したものでもある。しかし、男性自身も、女性たちも、そのことをあまり理解していない。だからいったん落ち着いて、男性特有の「男性問題」について基礎から学びましょう──。そう説いた本書は、男女ともに必読の書だなと感じました。

田中 ありがとうございます。ジェーン・スーさんも「男がつらくなくなれば、女も少しは楽になる! だって男のプライドの皺寄せは、女子供にもくるんだもの。」という帯文を寄せてくれたんですが、男性問題に対する理解を深めることは、女性にもメリットがあると考えています。

清田 そこで今回はまず、実は男自身もよくわかっていない「男らしさ」というものについてお聞きしたいのですが、下記にそのイメージを列挙してみました。これに関してはいかがですか?

いわゆる「男らしさ」のイメージ。強くて勇ましくてほどほどにエロくていざというとき優しく女子供を守る…みたいな? 「いざというとき」なんて一生に一度あるかないかだからな!

いわゆる「男らしさ」のイメージ。強くて勇ましくてほどほどにエロくていざというとき優しく女子供を守る…みたいな? 「いざというとき」なんて一生に一度あるかないかだからな!

田中 確かに世間にはこういったイメージが流布していると思いますが、ここには新旧の男らしさが混在しているように思います。まず男らしさの定義ですが、社会学的には「その社会で男性が肯定的に評価される特性のこと」となるんですね。例えば昭和の時代であれば、お酒に強く、車が好きな男性というのも、肯定的に評価されたかもしれません。でも、今だったらどうでしょう?

清田 お酒に強いと「男らしい」ように見えるかもしれないけれど、飲み会の席で女性にお酌を強要するとか飲めない人にアルハラするとか、負のイメージも同時にあります。車に関しては、「若者のクルマ離れ」なんて言葉もありますし。「怪獣が好き」という項目も、“男の子っぽい”けれど、男らしさではないかも。

田中 寡黙とか素っ気ないというのも、今だと「コミュ障」って思われるかもしれないし、細かいことを気にしないというのも、「そんな人と一緒に仕事したくない」って受け止められてしまうかもしれない。

清田 1970年代には「男は黙ってサッポロビール」なんてCMも流行りましたが、それが今だとコミュ障に映ってしまうかもしれないわけですね(笑)。

田中 私が大学で行った「男性のファッション」に関するアンケート調査で、90年代に流行ったストリート系ファッションは「男らしいけどカッコ良くない」というイメージを持たれていることがわかりました。これはヤンキー文化などにも通じることだと思います。このように、男らしさは時代によってイメージが変わるし、さらに現代では、その概念自体、あまりに過剰だと鬱陶しがられるようにすらなっているわけです。

1 2 3

桃山商事

二軍男子で構成された恋バナ収集ユニット「桃山商事」。失恋ホスト、恋のお悩み相談、恋愛コラムの執筆など、何でも手がける恋愛の総合商社。男女のすれ違いを考える恋バナポッドキャスト『二軍ラジオ』も更新中。コンセプトは“オトコ版 SEX AND THE CITY”。著書『二軍男子が恋バナはじめました。』(原書房)が発売中。

@momoyama_radio

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

男がつらいよ 絶望の時代の希望の男性学 <40男>はなぜ嫌われるか (イースト新書)