ゴシップ

a-nationの惨劇再び! 浜崎あゆみにフェスの大トリは酷なのか

【この記事のキーワード】
浜崎あゆみTwitterより

浜崎あゆみTwitterより

 30日、歌手の浜崎あゆみ(36)が東京・味の素スタジアムで開催された「a-nation stadium fes.」で大トリを務めた。今年の「a-nation」は、東京と大阪で7月末~8月上旬と8月下旬の二期に分けて行われ、浜崎は23日の大阪公演と30日の東京公演に出演。大阪公演ではサプライズ出演の小室哲哉(56)とコラボし、globeの「DEPARTURES」などを披露したことで話題となった。しかし今年の祭りのラストとなった30日大トリステージについては、「3年前の惨劇がまた……」と悪い意味でザワついている。

 ステージでは、黒のボディースーツ姿を着こなした浜崎がチェーンで体中を縛られた状態から抜け出すマジック的な演出をするなど、本家コンサートツアー並の迫力ある舞台を見せてくれた浜崎。白のドレス、浴衣、タンクトップにホットパンツと豊富なコスチュームチェンジも用意し、全10曲を披露した。エイベックスの音楽業界での成長を中心となって支えてきた浜崎は、「a-nation」イベント全体の大トリを務めるのが恒例化しており、今回で通算12回目。しかし、実際に会場にいた観客からは「EXOが終わったら帰る人が多かった」「空席が目立っていた」という声が上がっているのだ。K-POPアーティスト・EXOは同イベントで浜崎の2つ前にパフォーマンスを行ったが、「EXOが一番盛り上がっていた」との声も多い。これにより、「3年前の惨劇」を彷彿させる……と、ネット上でも言われ始めている。

1 2 3

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

エイベックスの正体 週刊ダイヤモンド 特集BOOKS