ゴシップ

松本人志「シモゆるいやろ」「バカなうえに運もない」こてんぱんに斬られた加護亜依の再起

【この記事のキーワード】
加護亜依

加護亜依(ガールズビート)オフィシャルブログより

 アイドルだった未成年時代の二度にわたる喫煙フライデーで、芸能人生を大きく狂わされた加護亜依(27)。間違いなくモーニング娘。全盛期の人気を支えた超売れっ子アイドルだったが、今はどこの芸能事務所にも所属していない、フリーランス・タレントだという。24歳の時に出産した第一子の親権問題でモメていた元夫とも今年6月に離婚が成立。心機一転、芸能界で再起を目指す加護が、28日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に出演し、ダウンタウンの二人と坂上忍にコテンパンにされていた。

 この日の同番組は、『お悩みハシゴ酒』という企画を放送。坂上忍が案内するおすすめの店でダウンタウンが飲みながら、ゲスト芸能人の悩み相談を受けるというスタイルの企画で、コーナータイトル通り数軒をハシゴするのだが、二軒目の居酒屋に登場したのが加護だった。離婚後テレビ初登場というふれこみだ。

 彼女が登場した瞬間、驚いて絶句した視聴者は多かったのではないだろうか。10代前半でテレビに出ずっぱりだった彼女だから、その幼い印象が視聴者の目に強烈に残っている……それももちろんあるだろう。しかし結婚を報告した23歳の頃と比べても、顔立ち、特に不自然なほど高くなった鼻筋の変化が目立つ。また、痩せ型の人間は特に、20代後半から顔が縦長に伸びる傾向にあるものだが、加護も例外ではなく面長の輪郭に変貌していた。

1 2 3 4

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ