ゴシップ

浮かない顔で…バナナマン日村、神田アナの変わらぬハイテンションに引き気味?

【この記事のキーワード】
左:『全方位型お笑いマガジン コメ旬 COMEDY-JUNPO Vol.5 』キネマ旬報社/右:神田愛花Twitterより

左:『全方位型お笑いマガジン コメ旬 COMEDY-JUNPO Vol.5 』キネマ旬報社/右:神田愛花Twitterより

 「好きなタイプの男性は?」と聞かれたなら、おそらく多くの女性は第一声でこう答えるのではないだろうか。「やっぱり優しい人がいい!」と――。特にストレスフルで人間関係もどこか殺伐としたこの時代。お付き合いする相手に「優しさ」を求める人は、男女問わず多いことだろう。もちろん、「優しさ」の基準なんて人それぞれだから、何をもって「優しい人」と認めるかは個別事案だが。

 さてそんな「優しさ」という観点からみると、この人はなかなか高ポイントのようである。女性芸人の間でモテる、という話もあながち嘘ではないかもしれない。バナナマン・日村勇紀(43)のことだ。

 「女性自身」(光文社)の記事によると、8月中旬のある日、日村の姿がルイ・ヴィトン表参道店で目撃されたらしい。日村のヴィトン好きは芸能界では有名で、財布やキーケースのみならずベルト、靴、ジャケットにTシャツなどもヴィトンを愛用する“ヴィトン中毒”だが、この日も馴れた様子でスカーフ売り場へと向かったようだ。何種類ものスカーフを広げ吟味すること1時間。一枚のスカーフを購入して店を後にしたのだという。

 プレゼント用らしきそのスカーフを日村が渡した相手は、恋人でフリーアナウンサーの神田愛花(35)かと思いきや……彼がその足で向かった先は自身の所属事務所であるホリプロ。この日はお盆休みだったそうなのだが、駐車場に車を停めて車内で誰かを待つ日村。しばらくしてやってきたのはホリプロの20代女性スタッフで、日村からヴィトンの包みを手渡された女性は満面の笑みを見せたのだという。

 ホリプロ関係者によると、女性スタッフはこの日が誕生日だったそうで、日村は「いつもご苦労様」の気持ちを込めてスカーフをプレゼントしたと。仕事関係者に「いつもご苦労様」とヴィトンのスカーフをサラッとプレゼントする男。なるほどこりゃモテるわ、と深く頷いた筆者である。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

速水もこみちが作る50のレシピ きみと食べたら、きっと美味しい。