連載

ついに働き出した無職が、イケてる仕事を切望中

【この記事のキーワード】

image1

さて、座禅から帰ってきてからというもの、何かをやってやろうという気持ちだけはあるのに、具体的に何から手をつけていいのやらわからず、僕は悶々としていました。気持ちだけが先行して、いっこうに具体的な行動にたどり着かないのです。そう、相変わらず僕には具体性というものがさっぱり欠けていて、部屋の中でぐじぐじと悩んでいるだけ……。

「いや、とにかく原稿書いてくださいよ! というかいい加減働いたらどうなんですか?」

人が寝ていたというのに、真っ昼間から電話をかけてきた担当編集者がなんだか困ったようにそう言いました。なんだよ、どうしたんだヘヘイBABYお前までそんなこと言うのかよ、と内心思い、陰鬱な気分になりました。

担当編集者「……別に僕自身は奥山さんが働こうが働くまいがどうでもいいんですけど。あなたの人生ですから勝手にすればいいですよ。ただほら、読者のみなさんの声を代弁してるっていうか。やっぱりこう、みんな奥山さんの働く姿が見たいんじゃないかな、って思いまして」
「みんな働け働けってうるさいんだよ! 最初からずっと働かねぇっつんてんだろ!」

怒鳴り声を張り上げたところ、木造築30数年の実家に響きわたってしまい、父親にもの凄い勢いで怒られてしまいました。「働け!」しゅん……。気をとりなおして、会話を続けます。

「いやでも実際どうなのよ? 別に、働いた経験がない訳じゃないんだよ? バイトもしたことあるし、会社員も3年半以上した。でも虚しいから全部辞めたって言って、それで無職としてこの連載を書いているのに、また適当に働いたところで別に虚しいだけじゃないか。そんな原稿、読者は本当に読みたいのか? まださ、僕に一度も労働経験がなくて、生まれて初めて勇気出して働くっていうんだったらそりゃ感動的かもしれないけどさ。でもどうなんだよ、今働いても挫折したようなもんじゃないか。諦めて働くことにしました、それも理由は、なんとなく読者の皆さんのコメントが厳しいからです。って、そんなのなんか面白いか? 面白くないね。絶対に面白くない。自分が読者だったら、そんな原稿、絶対読みたくねーよ」

これまでの連載中にずっと心の中にため込んでいた思いの丈をぶちまけて、僕はちょっとすっきりしました。そうそう、ずっとそういうことが言いたかったんだよ僕は。だってそうだろ、世の中、やる気に満ち満ちた奴ばっかりじゃないだろ。仕方なく働いてる奴も多いだろ。本当は働きたくない、気持ちはわかる、そういうお便りもたくさん届いてるじゃないか。そう、そうさ。僕が働いたらそういう人たちの気持ちはどうなるんだ。やっぱり、好き嫌いや選り好みなんかしないで、我慢して働かなきゃいけないんだ、ってそんな気持ちにさせてどうするんだ。そんなんじゃダメだよ。僕はそういう人たちのために、これからも無職でいたいんだ。僕は、僕はそいつらの分まで、働かないんだよ……!!

「寝言は寝て言え!」

担当編集者がついにブチギレました。しばらく怒りの説教が続いたので、スマホの受話口から耳を離して放置、スマホでカイジを呼んでいたら、「聞いてるんですか!」と一際大きい罵声が飛び込んできました。ごめん、何にも聞いてなかった。

担当編集者「ってか今messy編集部で、無職向けの仕事があるって話が出てるんですけどねー。働きたくないみたいですし、別の方にお願いしますね~?」

「やる! やります! やらせて下さい!!」
「え?」
「え?」

1 2

奥山村人

1987年生まれ。京都在住。口癖は「死にたい」で、よく人から言われる言葉は「いつ死ぬの?」。

@dame_murahito

http://d.hatena.ne.jp/murahito/

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

自分に適した仕事がないと思ったら読む本―落ちこぼれの就職・転職術 (幻冬舎新書)