連載

無職が実家を追い出されることになり、いよいよ働かなければならなくなったらしいですよ!

【この記事のキーワード】

21big

無職も3年たつので、そろそろ一人前かなって感じがするんですよね。会社員もだいたい、3年くらいで自分一人で仕事出来るようになるじゃないですか。僕も最初は、おっかなびっくりの無職生活を送っていましたが、最近は随分、堂に入ってきました。親から借金をしても心が痛まないし……。

そう、近頃、旅行だの、結婚式だの、何かと金が入り用で、今現在の唯一の収入源である原稿料だけでは到底足りず、親から借金を重ねていました。その額、およそ10万弱。親から借りた金でのほほんと遊びほうけているわけですから、全く救いようがありません。

今日も今日とて、親の建てた家で親が働いた金で動くエアコンの風に吹かれながら、親の金をスマホゲームに課金……しようとしていたら、突然、父親が僕の部屋に入り込んできました。

ノ、ノックくらいしてくれよ! オナニーしてたらどうするんだよ……と思いつつ、彼の顔をうかがみると、何やら不穏です。話し出す前から、なんかキレている……。嫌な予感がしたので、なんとかかわそうと思ったのですが、うまい口実が浮かびません。

僕「今から、日課のビリーズブートキャンプの時間だから、あとにしてくれる?」

そんな僕の虚しい嘘を父は完全に無視して、どかっと僕の部屋に腰を下ろしました。こんなこと、今までの28年の人生で一度もなかったことでした。僕の脳内ではすでに非常事態宣言が発令されています。不気味だな。嫌だな。

ところが……そのまま父はいっこうに話し始めようとしません。何か気に入らなさそうな顔で僕を見つめているだけ。そりゃ、無職でニートで借金してるような息子を、ニコニコと眺められても、シャブでもやってんのかなと不安になるだけですが……。にしても、ここ最近の空気感からして、非常に良くない予感がします。このままではマズい。そこで、僕はとっておきのカミングアウトをすることにしました。

僕「実は最近、働いてるんだよ。フリーライターとしてさ。原稿以外にも、対談のテープ起こしとか、データリサーチ・統計資料の作成とかの仕事もやってる。だから借りてるお金もすぐ返せると思うし……」
父「それで、お前は自分で生活出来るくらいの金額を稼いでるのか?」

いや……計算してみるまでもなく、それは到底ムリな金額でした。

父「あのな。好きなことして生きていくのは別にいい。いいが、しかし、お前は一体どういうつもりなんだ? この生活がこれから何年も続けていけるって、思ってるのか? 私も66だぞ。そろそろ働けなくなってきてる。あと1年くらいの間に、どうにかすることを考えてもらわないといけない」

どーーーーーーーーん! おお……! ついに、ついに、恐れていた日がやって来たではありませんか。ラスト・デイ。この世の終わりを告げる、破滅的な「働けバクダン」が、無職ゴールデンシティに投下されました。ドカーン! ぎゃああああああああああああ!

し、しかし、急だな……! 急にそんなこと言われても……。いや、しかし、何も言い返せません。このままじゃ、嫌でも働くことになりそうです。

いや……まだ、まだだ。たしか、先日投稿した小説の選考が、いいトコまで進んでいたはず。今どうなってるんだっけ……と思い、出版社のホームページをあわてて確認したところ……落ちてた!

顔面が、真っ青。おいおい、一体どうすりゃいいんだ……と一晩悩んでみたものの、あまり良い解決策みたいなものが出てきません。それからもう1日悩んで……結局何もかもスパっと諦めることにしました!

こうなったら善は急げです。ズババと頭を切り替えることにしました。早速、小説の執筆に関係しているようなものはゴミに出し、さて、ふと考えました。

一体、どうやって働けばいいんだ……?

1 2

奥山村人

1987年生まれ。京都在住。口癖は「死にたい」で、よく人から言われる言葉は「いつ死ぬの?」。

@dame_murahito

http://d.hatena.ne.jp/murahito/

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

持たない幸福論 働きたくない、家族を作らない、お金に縛られない (幻冬舎単行本)