ライフ

借金240万・カードを焦がした元フリーター女性(28)、奇跡の復活

【この記事のキーワード】

手取り年収450万の内側

――となると、またクレジットカード生活ですか?

N「いや、今の会社は休んでいる時も出勤してることにしてくれて、お給料を全額支給してくれたんです。前にも同じような社員さんがいたらしくて。すごいありがたかったですね。4カ月経って『さすがに戻らなきゃ』と思って社長に相談したら、休職前ほど激務ではない部署に移動させてくれて。それで今も働けてます」

――それは良かったですね。ちなみに勤続4年目ですが、昇給は何度かありましたか?

N「正社員になった2011年8月から2015年現在まで一回もないです。うちの会社は、業績に合わせてボーナスで社員に利益が還元されるんですよ。私は仕事内容が変わって勤務時間も少し短くなった分、去年のボーナスは夏10万、冬60万に下がりましたね」

――1年に70万のボーナスは充分もらってるほうだと思いますよ。では、現在の月給はいくらですか?

ここから健康保険、厚生年金保険、雇用保険、社会保険、所得税が引かれます。住民税は自己負担です。

ここから健康保険、厚生年金保険、雇用保険、社会保険、所得税が引かれます。住民税は自己負担です。

N「月給は、諸々差し引いた私の手取りが常に20万になるように支給されて、経費も毎月上限4万までは使って良いことになってます」

――なるほど。

N「あと、今年の3月からスナックでバイトもしています。時給2300円/20時~0時で週1~2日なので合計月6~8万くらいプラスです。ボーナスが減っちゃって、お金が足りなくなっちゃったんですよね」

――現在の会社でもっと稼ごうとは思わないですか?

N「会社では今の働き方を変えたくないんです。また頑張りすぎちゃうかもしれないですし。スナックでバイトするほうが気楽で良いんですよね」

――なるほど。では毎月30万円前後の手取りがあると考えて良いですね。必要経費は、家賃、水道、ガス、電気、インターネットネット、携帯……他に思い当たる出費はありますか?

N「4年前から個人で生命保険に入ってるので、月1万弱の掛け金を払ってます」

――4年前ということは24歳から……自主的に加入するには早いほうですよね。きっかけは何ですか?

N「震災を機に、家族にはいっぱい迷惑をかけてきましたし、もし私に何かあった時に残せるお金があるといいなって思うようになったんです。その積立方法で悩んでいる時に、友達に生命保険を薦められて。『25歳を超えてから加入すると高くなる』と聞いて、すぐ加入しちゃいました。まだ全然積立られてないと思いますけどね。

あとは、主に食費です。これは昔から変わってないんですが、すごい高いご飯を食べるわけではなくて、楽したいんです。なので、外食が多くなって出費もかさみます。でも、外食ばかりじゃ健康に良くないなと思って、最近は『週に2日は自炊する』と決めてます。とはいえ、面倒くさいんで安い材料を探しに行くことはないですけどね。実際『食費に一番使ってる』というのも、洋服とか趣味とか、本当に他に“毎月費やす物”がないんです。なのでコンスタントに費やしてるのは食費だろうって意味で挙げました。あとの出費はお金を使う月もあるし、使わない月もあります」

――なるほど。ちなみに現在カードは何枚持ってますか?

N「3枚持ってます。でも一度危ない目に遭ってるので、3枚合わせて月5~6万の返済に抑えてます」

――どうしてその月5~6万のカード出費が発生するんですか?

N「旅行ですね。海外へ行ったら買い物はほとんどカードでしちゃいますし、国内でも予約時に支払うものはカードのほうが楽じゃないですか。なので、年2回の旅行で使ったお金を、常にいくらか返す生活で落ち着いてます(笑)。でも最近、逆に現金を使わない派の友達が周りに増えてるんです。すべてクレジットカードか電子マネーで支払っていて。それもシンプルで良いですよね」

――確かにそれもアリですね。でも、一度クレジットカードで失敗すると、『自分がいくらお金を支払っているか』ということを自覚できる現金生活のほうが良さそうだなって思いますよ。

N「そうなんです! それはすごい自覚していて気をつけてます。なんせ、もう現在以上働く気力がないので、今多額の負債を背負ったら返せる自信がないので。今の仕事は楽だから続けてるだけなんです。みんなが忙しい時でも速攻帰れるし、多分私は社内の誰よりも働いてないんですよ。なので、当時のボーナス額に戻ることは二度とないと思うんです。あの時ボーナスをもらえていなかったら、当時の借金を今も引きずってると思いますし。なのでもう失敗はしたくないんです」

――失敗しないためにも、毎月使い切らないで貯金しておくとか。

N「貯金は今すぐにでも始めたいですよ。でも何かと使っちゃうんですよね。『はあ……働きたくないけどボーナス100万にならねえかな~』って給料日前に妄想する日々です」

 高校2年生までは、都内私立の中高一貫女子校に通うお嬢様だったにも関わらず、高校退学、大学中退、家賃滞納、カード返済地獄と、さまざまな苦境を味わったNさん。しかし、高校中退後には編入試験合格、大学中退後には正社員登用。「カフェで働きたい」と思えばオーナーに出会い、「大阪の広告会社で働きたい」と思えば東京支社設立で採用。家賃を支払わなくてものほほーんと待ってくれた大家さんや、失業保険の受給。カードの負債を背負った時には多額のボーナス支給と、「何か持ってる」と思わずにはいられません。とにかく運が良いです。

 「実は借金まみれ」「気付けば毎月のカード請求額が異常」という方はNさんだけではないはずです。くれぐれもクレジットカードのご利用は計画的に……。

Nさん、赤裸々にお話いただきありがとうございました!

【Nさん1カ月の家計】

家賃 78,000円
食費 45,000円
水道・ガス・電気代 9,000円
携帯 12,000円
インターネット接続料金 4,000円
生命保険料 10,000円
クレジットカード返済 60,000円
アカスリ 7,000円

↓以下、毎月変動する出費
住民税 70,000円(3カ月に1回)
書籍 2,000円
交通費 10,000円
化粧品 5,000円
洋服 20,000円
日用雑貨費 8,000円
美容院 20,000円(2カ月に1回)

(舞生G子)

1 2 3 4

【完全ガイドシリーズ081】クレジットカード完全ガイド (100%ムックシリーズ)