ゴシップ

北川景子の荒ぶるLINE! ソクバッキーDAIGOも干渉できない観劇の世界

【この記事のキーワード】
『MAQUIA 2015年 11 月号』集英社

『MAQUIA 2015年 11 月号』集英社

 主演を務めたドラマ『探偵の探偵』(フジテレビ系)が17日に最終回を迎えた北川景子(29)。視聴率は一桁台の低空飛行で、平均値では歴代フジ木曜22時ドラマのワーストを記録した。バレーボール中継延長のあおりを受けたのではという声もあり、北川自身も公式LINEで放送直前に「今まで本当にありがとう。最後の日まで待たせたりして迷惑かけてごめん」と謝罪したことが話題となった。ただ、フジでは『HEAT』や『リスクの神様』が2~3%台を記録するなどさらに低迷したドラマがあったうえ、他局の連続ドラマも振るわない現状にあり、『探偵の探偵』は検討したほうだと評価されている。

 そんな北川だが、目下、ドラマより恋愛ゴシップのほうが大きな注目を集めている。恋人であるDAIGO(37)との入籍が近いのではないか――とマスコミが目を光らせているのだ。DAIGOは8月の『24時間テレビ』でマラソンランナーを務め完走、北川もドラマ撮影が8月末にクランクアップを迎え、入籍の「Xデイ」に期待しているマスコミ関係者は多い。だが、クランクアップ後からの北川のLINE(ファン向けの公式アカウントを開設している)には、かねてより情熱を注ぐ宝塚歌劇団へのアツいメッセージが暴走中で、ヅカヲタの間で「さすがだな」と評判になっている。

 宝塚歌劇団好きを公言している北川は、クランクアップ直後と思われる時期に、さっそく観劇に行ったことをブログで綴っている。これまでもブログでは宝塚への愛をたびたび書き連ねており、今回は8月30日まで東京宝塚劇場で行われていた宙組公演『王家に捧ぐ歌』の様子をリポートしていた。

「もの凄く久しぶりに宝塚を観に行きました。ドラマ中は全く行けなくて禁断症状が出始めていたので、命拾いしました」
「伶美うらら様のアムネリス様のぱっつん前髪は?って聞かれるとそれはもう絶世の美女でした…ため息がでるほどに!でもあれは間違っちゃいけないのが檀れい様や伶美うらら様だから麗しいのであって真似しちゃダメだし、しないし、したくても私は前髪薄くて割れるからあんなにきれいなぱっつんはどっちみち無理だよ」

 など、このような調子で続く北川の観劇日記は宝塚ファンの間でも「こっち側の人だ」「本気すぎて好感持てる」「仲間感を感じる」など、かなり好意的に受け止められている。上品にまとめたブログの文章では若干宝塚愛が抑えめにも感じられるが、公式LINEにおいては、テンション高めに荒ぶっており、ヅカヲタでない北川景子ファンは少々引いてしまうほどの温度だ。

1 2

ブログウォッチャー京子

1970年代生まれのライター。2年前に男児を出産。日課はインスタウォッチ。子供を寝かしつけながらうっかり自分も寝落ちしてしまうため、いつも明け方に目覚めて原稿を書いています。

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

宝塚歌劇100周年 ファンも知らない!? タカラジェンヌのすべて