ゴシップ

釈由美子が交際半年でスピード結婚。今度は「芸能界を引退してくれ」と言わない男性と…

【この記事のキーワード】
釈由美子オフィシャルブログより

釈由美子オフィシャルブログより

 怒涛の結婚ラッシュが続く芸能界だが、本日もまたひとつおめでたいニュースが飛びこんで来た。映画『修羅雪姫』やテレビドラマ『スカイハイ』(テレビ朝日系)などの代表作で知られる女優の釈由美子(37)が、一般男性と今月10日に入籍したことを、13日に自身のブログで公表したのだ。お相手は神奈川県や東京都でレストランを経営する、釈と同じ年の実業家男性で、知人の紹介をきっかけに知り合い、半年前に交際に発展したそうだ。スポーツ紙によると身長180センチで俳優の沢村一樹似のイケメンであるという。

 釈はオフィシャルブログ「本日も余裕しゃくしゃく」で、「この度、釈由美子は、かねてよりお付き合いしておりました一般男性の方と2015年10月10日に入籍しましたことをご報告させていただきます。(中略)芸能界の結婚ラッシュのなか、私も便乗したかのようなまさかのタイミングで今回の発表になってしまうとは思いませんでしたが(汗) 出逢った頃から極々自然にお互い結婚を意識したお付き合いをさせていただいた中で、誠実で愛情深い彼と、人生を最期まで共に歩んでいきたいという想いに達し、結婚の運びとなりました」とコメントしている(ご報告。)。

 釈は、今年1月に最愛の父親を亡くしている。そのため喪が明けてからの結婚にしようか考えていたらしいが、父が亡くなる直前まで自身の病気よりも釈の結婚を心配していたことを思い、結婚を決意したようだ。

 父親と共に山に登る<山ガール>としても知られている釈。結婚相手となった彼は登山未経験であるにもかかわらず、亡くなった父親に代わって釈のために一緒に山登りをしてくれたという。そんな彼を、釈は「誠実で、まじめで、優しいところにひかれました」と幸せいっぱいの様子で周囲に話しているということだ。

 釈といえば、これまで歌手のGACKTとの10年にも及ぶ肉体関係を週刊誌にスクープされたり(事実無根として、釈はこれを全面否定)、2010年に結婚目前の獣医のS氏と入籍の1カ月前に破談になってしまっていたことをテレビで告白していたことを思い出す。

 ちなみに結婚式場を予約までしていたのにもかかわらずS氏と別れてしまった理由は、S氏から「芸能人の奥さんはもらえない」と言われてしまったからだそうだ。結婚を考えだした当初、釈は芸能界引退を視野にいれ、芸能活動を半年ほど休み家事をして過ごしていた。だが休業中に徐々に仕事への欲求が芽生え始め「家事と仕事を両立させたい」とS氏に伝えたところ、上記のセリフを吐かれたそうだ。芸能界を引退する決意をどうしてもできなかった釈は結婚をやめ、芸能界に戻ることを決断したのだという。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

相棒 -劇場版III- 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ (通常版) Blu-ray