ゴシップ

ヘリで旅行、競走馬10頭所有の「誰も勝てない」ハイレベル・セレブアイドル

【この記事のキーワード】

 10日放送『セレブとビンボー』(フジテレビ系)に登場した“貧乏アイドル”緑川静香が激安グルメの店を巡り、“食レポ”に初挑戦。幼い頃、肉はゴムの味がすると母親に言いくるめられていたことを回想しながら焼肉を食べ、その美味さに涙を浮かべるなど、純粋なリアクションに共演者たちからは絶賛の声が上がり、ネット上でも「この子のリアクションは本物だ!」「キャラじゃなくて、本当に貧乏だったんだろうな」など、緑川のリアクションを絶賛する声と、今後の活躍を期待する声が上がっている。

 「NMB48の小谷里歩や乃木坂46の奈々未、“2000年に1人の美少女”のキャッチフレーズで話題の滝口ひかりなど、最近、貧乏キャラを前面に打ち出すアイドルが増えてきましたが、9頭身という日本人離れしたプロポーションからは想像もつかない、『雑草やコオロギを食べていた』や『知人の物置で暮らしていた』など、幼少期の壮絶な貧乏話をもち、面白みのある食レポが出来ることも証明した緑川は、“貧乏アイドルレース”で他を1歩リードした感はあります。番組内で共演者の小島瑠璃子が『もっと食レポを見たくなりました』と言っていましたが、そう思った視聴者は多かったでしょう。今後、食レポを中心にバラエティでの活躍が期待されます」(芸能関係者)

 貧乏アイドルがいる一方で、セレブアイドルといわれるアイドルたちも台頭し始めている。その中で、頭1つ分抜け出しているのは誰なのだろうか?

 「SKE48の山内鈴蘭は、アイドルになるまで年末年始を国内で過ごしたことがなく、子供の頃から父親に連れられゴルフ三昧。元SKE48の山田澪花は、生涯獲得賞金19億を超える元競輪選手の山田裕仁の娘であることで知られています。“潔癖症アイドル”こと寺田御子は、『アウト×デラックス』(フジテレビ系)に出演した際、実家にはトイレが10個もあると告白し、『めちゃくちゃ金持ちなのでは?』とネット上がざわつきました。ただ、セレブというイメージと、本人のキャラクターとのギャップから考えると、大食いアイドルのもえのあずきが1番インパクトがあるのではないでしょうか? 父親が馬を10頭所有していたり、旅行にはヘリコプターを使用したりと、セレブエピソードには事欠かないもえのですが、大食い番組で料理にがっつく姿は、とても育ちの良いセレブとは思えません。秋葉原発の、いかにもアイドルらしいルックスも含めて、セレブアイドルの中ではもえのが1歩リードしているのではないでしょうか」(同)

 競争激しい芸能界を生き残るのは、幼い頃から雑草魂を培ってきた貧乏アイドルの方が有利にも思えるのだが、果たしてこの先、セレブアイドルが芸能界を席巻する時代はくるのだろうか?

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

in CELEB(イン・セレブ) 2015年 11 月号 雑誌