連載

うるつやピンク♡まんこ美白ケア

【この記事のキーワード】

mankokasutamaizu0920

お顔に塗った美白クリーム、あそこにも塗っていいかしら――お手入れしたらしたで“ビッチ”扱いされ、お手入れしないならしないで“だらしない女”扱いされる不思議なパーツ、まんこ。人類がまんこに加えてきた、美白・脱毛・整形・装飾などなどの“まんこカスタマイズ”の歴史を、その背景や具体的方法とともに見ていきましょう!(連載・全10回予定)

で、でたーwww「ピンクのまんこ=純潔」みたいなこと思ってる奴wwww

 まんこの美白について書こうと思うんですけど、資料収集中に恥ずかしくなってしまいました。まんこについて調べることが、ではありません。エロ小説におけるまんこの色についての描写を読むことが、です。

 たとえば、こういうやつ。

これまでわたしはそんなきれいなピンク色の女性器を見たことがなかった。お前は誰ともまだおまんこをしていないでしょう。万里がそう言って、栞が泣きだすのがわかった。
――村上龍「The Mask Club」(幻冬舎文庫)より

 ピンクの女性器=処女、だそうです。ピンクの女性器=処女、だそうですよ。

 そうなんだ、すごいね!(AA略)

 この発言をしたのは村上龍氏ではなく、もちろん作中の登場人物なわけですが、それにしても正味これ、登場人物がものすごい童貞中学生オーラに光り輝きながらミステリーである本作品の雰囲気をブチ壊した瞬間でした。

 調べてみるとその他にも、同様の表現をしている小説は色々出てきました。ですが、そのうち調べるのをやめました。男が女に向かって「君のおまんこは黒ずんでるねえ。どうして黒ずんでるか教えてあげようか? んっ?」みたいなことを言ってる官能小説に遭遇したあたりから。

「自分はまんこを知ってる」アピールで他人を犠牲にするな、と。

 別に、俺は女よりも女の体を知ってるんだぞってことにしないと落ち着かない系男子にキレたいんじゃないんですよ。ご勝手に、と思うだけです。ただ、そういう人たちの「君のおまんこは黒ずんでるねえ。どうして黒ずんでるか教えてあげようか? んっ?」みたいなやつで女子が悩み苦しみ変なサプリを飲むようなことだけは、決してあってほしくないんです。

 処女崇拝に付き合う女も大変ですよね。四半世紀前の本にだって、「自分は処女なのにもう黒ずんでいる、そのために処女だと思われなかったら困る(1)」という女性の話が出てきます。またインドでは二〇一三年、まんこ美白リキッドソープのCMが流され、その商品に有害な化学物質が含まれていることが判明し、あげくの果てには「お前、肌の色の黒い人が下級カーストとして差別されてきてるインドで『彼氏のためにまんこ美白☆』とか言ってんの!?」ってことで国際的に炎上した事件もありました(2)。

1 2

牧村朝子

1987年生まれ。タレント、文筆家。2013年にフランス人女性と同性婚、現在フランス在住。セクシャリティをテーマに、各種メディアで執筆・出演を行う。将来の夢は「幸せそうな女の子カップルに”レズビアンって何?”って言われること」。

twitter:@makimuuuuuu

ブログ:http://yurikure.girlfriend.jp/yrkr/

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

百合のリアル (星海社新書)