ゴシップ

池井戸潤作品の絶対的な“ブランド力”に、テレビ各局による争奪戦の過熱必至

【この記事のキーワード】
『下町ロケット』(TBS系)公式ウェブサイトより

『下町ロケット』(TBS系)公式ウェブサイトより

 ベストセラー作家・池井戸潤氏の作品がドラマ界を席捲した感がある。

 その池井戸氏の直木賞受賞作である『下町ロケット』がTBS日曜劇場(日曜午後9時~)で、阿部寛主演にてドラマ化された。10月18日にオンエアされた初回2時間スペシャルの視聴率は16.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)で上々のスタート。前クールの同枠『ナポレオンの村』(唐沢寿明主演)の最終回が6.9%と淋しい終わり方だっただけに、局内は盛り上がっている様子だ。

 常に高い好感度をキープしている阿部が、12年10月期の『ゴーイング マイ ホーム』(フジテレビ系)以来、丸3年ぶりに連ドラの主演を務めるという注目度もあっただろうが、池井戸作品の絶対的な信頼、“ブランド力”を示す形となった。

 池井戸氏の原作ドラマといえば、やはりなんといっても、13年7月期に放送された『半沢直樹』(堺雅人主演/TBS系)は忘れることができない作品だ。同ドラマ(全10話)は初回こそ、19.4%で大台に乗らなかったが、第2話以降、20%超え。第7話以降に30%を超えると、最終回は42.2%の驚異的な視聴率をマーク。全話平均は28.7%で、空前の大ヒットとなった。

 その後も、池井戸作品は『ルーズヴェルト・ゲーム』(14年4月期/唐沢寿明主演/TBS系)が平均14.5%、『花咲舞が黙ってない』(14年4月期/杏主演/日本テレビ系)が平均16.0%とヒットを続けた。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

下町ロケット (小学館文庫)