ゴシップ

第一子を出産した眞鍋かをり&イエモン吉井が“臨月ギリギリ入籍”になった理由は

【この記事のキーワード】
眞鍋かをりオフィシャルブログより

眞鍋かをりオフィシャルブログより

 今年6月に自身のブログで、元THE YELLOW MONKEYの吉井和哉(48)との結婚・妊娠を発表したタレントの眞鍋かをり(35)。「かねてよりお付き合いしておりました吉井和哉さんと結婚し、現在新しい命を授かっていることをご報告させていただきます」と記し、その時点ですでに「結婚」したはずと思われていた。

 しかし実際にはその段階ではまだ、入籍をしていなかったようだ。10月20日、スポーツ紙によって、眞鍋が10月中旬に無事出産していたことが報じられ、また、入籍は先月だったことも発覚。「ブログの女王」と呼ばれた時期もあるほどの眞鍋だが、最近はすっかり更新回数が減り、最新記事の更新は9月24日で、その内容も妊娠や出産に関することではなく、北斗晶の乳がん闘病を受けて「検診に行かなきゃね」といった記事だった。入籍や出産を報告する記事は一切、書かれていない。Twitterの更新頻度も極端に減っており、6月以降は9月1日、10月1日に一言ずつ投稿があるのみだ。

 6月に「妊娠・結婚」と公式に発表したにもかかわらず、入籍自体が9月になっていたことについて、ネットでは「出産ギリギリまで入籍しないなんて情けない」「渋々入籍したのかな」と、眞鍋を哀れみ、吉井を非難する声が相次いでいる。一方で、眞鍋が未入籍の時点で「結婚した」と綴っていたことを「入籍してくれないからリークしたのでは?」と邪推する向きもあった。

 授かり婚が珍しくもない現代、妊娠が発覚してから入籍するパターンは芸能界でもよくあることだが、それでも出産まであと一カ月と迫るまで籍を入れずにいたのはどうしてなのだろうか。紹介したようにネット上では「吉井が結婚したがってなかったのでは?」という失礼な見方が大半だが、もしかしたら暦上の縁起の良い日を選んだ結果だったのか、または9月に2人の記念日か何かがあって、それに合わせて入籍したかったという可能性もある。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

GOLDEN YEARS Singles 1996-2001