ゴシップ

篠原涼子の『加齢』か『劣化』か論争~女性の老いは罪なのか?

【この記事のキーワード】
『オトナ女子』公式HPより

『オトナ女子』公式HPより

 約2年半ぶりに、連続ドラマ主演を務める女優・篠原涼子(42)。『オトナ女子』(フジテレビ系)は、篠原扮する“恋愛ゲームアプリ会社に勤めるアラフォー独身会社員”を中心に巻き起こる恋愛ドラマだ。第一回放送から、ヒモ彼氏役の斉藤工(34)とベッドでいちゃつくシーンやキスシーンなどガッツ(?)のあるシーンがふんだんに盛り込まれていたが、視聴率は9.9パーセントと振るわず。加えて篠原の“加齢”も話題になっている。

 ネットニュースサイト「アサ芸プラス」の記事では、篠原の手の甲に注目している。斉藤と抱き合うシーンでアップになった彼女の手が、まさに40代といわんばかりに骨ばって、血管が浮き出ていたというのである。記事ではしかし、ドラマの設定がアラフォーであるし、実年齢にも近いことから、むしろ加齢感が出ていた方がよい、と締めているのであるが、これにネットでは賛否……ではなく批判の声が続出している。

「大きなお世話だよ」
「劣化でもなんでも一般人に比べたら遥かに綺麗だよ」
「篠原涼子は嫌いだけど手の劣化まで叩かなくていいと思う」
「ちょっとポッチャリすれば激太り、痩せたら血管が浮いてるだの。芸能人は何やってもこんな下らない記事書かれて大変だなぁ」

 ドラマでの篠原はむしろ、「42歳なのになんでこんなにキレイなの……!?」と思うほどの美貌だった。まずなんといっても注目すべきは頭髪。40代ともなると髪のパサつきが異様に目立ち始め、白髪も増えるが、黒々サラサラとしたロングヘアには見惚れるばかりだ。「髪をかきあげすぎ」と過剰な演出に違和感を唱える視聴者の声もあり、確かにドラマで篠原は髪をかきあげまくっているが、こんなにキレイな髪ならもう仕方ない。

 また体型も、とても子供が2人いるようには見えないほど筋肉質で現役感満載。そのくせ胸は大きい。産後、ストレッチなど体を動かすことで体型を戻したという報道があったが、努力すれば40代でもこんな体型を保てるのか? 篠原と比べるのも何様だという感じだが、なんとなく筆者のようなアラフォー一般人にも希望を与えるのである。ドラマの内容はさておき、筆者は第一回放送を観て、このキレイな篠原を見続けたいと思うあまり、第二回以降の放送の録画予約をした。骨張った手の甲を「加齢!」とはやし立てるのは、重箱の隅をつつきすぎである。というか、これだけ痩せていればそりゃ手の甲は骨張るだろう。「痩せ体型」と「シワ・筋浮きなしのお肌」を両立するのは至難の業ゆえ、photoshop先生にご登場願うしかない。そのことは10月11日に放送された『ボクらの時代』(フジテレビ系)で、清原亜希×佐田真由美×滝沢眞規子のアラフォーモデル3名が口々に話してもいた。「雑誌だと、自分じゃないんじゃないかと思うくらい綺麗に修整されちゃうのよね」と。

1 2 3

ブログウォッチャー京子

1970年代生まれのライター。2年前に男児を出産。日課はインスタウォッチ。子供を寝かしつけながらうっかり自分も寝落ちしてしまうため、いつも明け方に目覚めて原稿を書いています。

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

だって40なんだも~ん!―加齢なる40代女子のコミック&エッセイ