ゴシップ

猛獣慣れして感覚麻痺? NEWS手越の股間に顔をうずめて匂いを嗅ぐイモトアヤコ

【この記事のキーワード】
イモトアヤコ

本物だってんだからゴイスー(画像/イモトアヤコInstagramより)

 相変わらず安定して高い視聴率を誇る人気バラエティ『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)。イモトアヤコが猛獣に近づいたり登山したり、75歳のデヴィ夫人がイルカに乗ったりサーフィンしたり、体を張った企画が毎週目白押しで「ファミリーで楽しく見られる」とウケている。

 10月25日放送の2時間特番では、イモトがロシアでベンガルトラやヒグマとのツーショット写真撮影に挑戦。撮影では「大声を出したら猛獣が驚いて暴れるのでアウト」「絶対に目を合わせない(猛獣から興味を持たれると危険)」「前日から肉を食べるのは禁止、汗の臭いも危険なのでロケ前にシャワーを浴びる」など注意事項がたくさんあり、半端ではない緊迫感が伝わってきた。同日付の本人Instagramでもその写真は披露されているが、心底恐ろしかったであろう猛獣とのツーショットが、まるで童話の挿絵のようなメルヘンな仕上がりになっており、驚きと賞賛の声が相次いでいる。

 しかし同日の放送では「子供には見せられないかも……」なワンシーンもあり、一部視聴者から悲鳴も上がった。それは、「YouTube」で流行っている動画を実際に再現する「QTube」という企画でのこと。出川哲朗とロッチ・中岡創一が挑戦するも再現出来なかった「人間ホイール」という試みをスタジオ出演者が実践することに。「人間ホイール」とは、二人一組の人間が上下逆さの状態で足を絡めて組み合い、互いのベルトをつかんでグルグル回転するワザで、世界中で様々な人々が動画撮影しYoutubeにこぞって投稿する人気なのだという。

 一人が足を広げて立ち、もう一人が逆さになって相手の股の間に体を入れ(この時点で逆さの人はつらそうなのだが)、互いにベルトをぐっと握る。立っている人が後ろに倒れ、逆さだった人が足をついて起き上がれば、その勢いでグルグルとタイヤが回るように回転できる……というのだが。まずは宮川大輔とNEWS・手越祐也がペアになって挑戦するも、172cm/約76kgの宮川と170cm/約60kgの手越では、身長差はないものの体重が16kgも違うためうまくいかなかった。すると、「手越との体重差があまりない」と自称するイモトが「やってみようかな」と名乗り出た。

 イモトは身長158cmで、体重は「50kgくらいはあります」と公言している。確かに手越との体重差は16kgもなさそうだが……二人で組み合うと、互いの股間に顔面を近づけざるを得ないため、「まあまあ股間に顔近いっすよ」と手越は拒絶。しかしイモトは「そ~お?」と意に介さず、結局、手越×イモトが組み合い「人間ホイール」にチャレンジすることとなった。ダンススキルを叩き込まれるジャニーズで長年活動し趣味でフットサルも嗜む手越と、脅威の身体能力を誇るイモトのペアだけに期待がかかる。まずは手越が立ちイモトが逆さになった形でスタートすると、さすが運動神経抜群の二人、息を合わせて見事に一回転に成功。だが二回転めで体勢を崩しマットに倒れ込むと、ひっくり返った手越にイモトが覆いかぶさる形になり、手越の股間~お尻付近にイモトの顔が密着。興奮を表現すべく(?)イモトは「祐也! 祐也!」と連呼し、他の出演者によって引き剥がされても「祐也の祐也が祐也でスゴい幸せでした」との珍コメントを残した。股間に顔を密着させられた手越は笑いを浮かべつつ、「も~しょうがないな~」といった表情で何事もなかったかのように起き上がっており、イッテQ出演者チームの仲の良さがうかがえる。

 同番組では、ジャニーズでアイドル活動をしているとは思えないほど、無茶ぶり演出に果敢に応えてきた手越。サウナでキワどい部分までマッサージを受けたり、パンツ1枚でボディペインティングを施して股間を強調する前屈大開脚で歩いたり、といった具合だ。年末年始の特番期には、また新たな企画で視聴者を魅了してくれるだろう。

(偶武魚智子)

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

四銃士(初回盤) DVD