連載

セックスで、中とクリのWオーガズムを簡単にできちゃうグッズが神すぎた!

【この記事のキーワード】

 「クリイキより中イキのほうがすばらしい」という風潮、根強いですよね。たしかに中イキはビッグウェーブ的な快感にさらわれて我を忘れそうなときもありますが、クリだけで強烈な快感を得られて十分満足できるときもあります。中イキのほうが頻度は低いので貴重な体験とされている面はあるのかもしれませんが、総合してみるとどっちが上とはいえないのでは……と日ごろから考えていた私に、『ヴァイブレーターの文化史』が答えをくれました。

 同書は欧米におけるバイブレーターの成り立ちからジェンダーを論じる有意義な1冊です。女性の性欲をないものとしたがゆえに、「男性のペニスが挿入されたときのみ、女性が快感やオーガズムを得られる」という社会通念が生まれ、結果、クリ刺激やマスターベーションによる快感を一切否定するに至った……という歴史が膨大な文献をもとにひも解かれていきます。

 そうなんです、「クリトリスの快感なんて、取るに足らないもの。俺たちに貫かれて得られる快感こそ至上!」というのは男の論理。私たちはそれを内面化してしまい、「中イキ > クリイキ」と思い込んでいるだけだったんだ! と腑に落ちました。

 現代を生きる私たちまでそんな男の願望に取り込まれる必要はないですよね。読後に、「女性の快感を、女性である自分たちの感覚でとらえ直そうよ!」と居住まいを正した考えた結果、私というひとりの女性が最も好きなのは〈挿入した常態でクリを刺激した結果の、ダブルイキ〉という結論に至りました。基本はクリイキなのですが、それと連動して膣も脈打ち、大きな快感が押し寄せてくるため、身体も脳も両方同時にイッていると錯覚するのです。この種のオーガズムに関しては、これまでにも当コラムで採り上げてきました。

満を持してバイブを導入! クリ派女子に教えたい、快感のステップアップ術
諸条件をクリアし、「確実にイキたい」という願いを実現する秀逸ローター

セックスでのWイキはむずかしい

 バイブでも、本体(サオ)からクリバイブがちょこんと飛び出たものはこの〈ダブルイキ〉を目指して作られているのでしょうが、実際にはこれがむずかしい。本体の長さによってはクリバイブが敏感なところにうまくフィットせずな、もどかしさだけが残ります。だからこそ、ドンピシャでクリを刺激できるものに出会ったときは、感激もひとしおです。

 セックスでこのオーガズムを得るとなれば、パートナーの協力が必要です。挿入してもらい+自分の指でクリ刺激する、というのが、これまで私が最も確実だと思っていた方法ですが、場合によってはクリイキまでにけっこうな時間がかかります(すぐイクときもあるけど)。それまでパートナーには淡々と腰を振ってもらうことになるので、それが心苦しくなり、「きょうはもういいや」とな尻切れトンボに終わりがちです。

 簡単なようで意外とむずかしい、ダブルイキ。でもこれが手軽にできるグッズを見つけました。TENGAから発売されたばかりの「SVR」です!

1 2

桃子

オトナのオモチャ約200種を所有し、それらを試しては、使用感をブログにつづるとともに、グッズを使ったラブコミュニケーションの楽しさを発信中。著書『今夜、コレを試します(OL桃子のオモチャ日記)』ブックマン社。

@_momoco_

Facebook

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

パリのマダムに生涯恋愛現役の秘訣を学ぶ