ゴシップ

何度でも蘇る小島よしお、「ひよこクラブ」で先生就任。『キッズコーディネーショントレーナー』になっていた

【この記事のキーワード】
「とにかく明るい小島」小島よしお公式twitterより

「とにかく明るい小島」小島よしお公式twitterより

 一時期爆発的に名が売れるが、その後鳴かず飛ばずな状態に陥り、テレビでめっきり姿を見なくなる――それが一発屋と呼ばれる芸人たちだ。テツandトモ、髭男爵、ムーディ勝山、にしおかすみこ、スギちゃん……売れた時代がすさまじかっただけにその後の引き潮状態がなおさら痛々しく見えるのだろう。

 昨今ではこの一発屋というカテゴリーがネタにされ番組が作られる事も多くなってきたうえ、今年の夏には『第1回 一発屋オールスターズ選抜総選挙 2015』がルミネtheよしもとで開催され、先に挙げた髭男爵が王者の座に輝いた。

 とはいえ、一発屋もその後、ただ辛酸を舐めている訳ではない。たとえば2003年に一世を風靡した一発ギャグ、“ゲッツ”でお馴染みのダンディ坂野(48)は、他に芸がないと自覚しているため、持ちネタは現在も“ゲッツ”のみだが、それゆえイメージがブレないためか、昨年もCM出演を果たしており、息の長い一発屋として一目置かれている。『なんでだろぉ~』で子供たちから爆発的な人気を博したテツandトモも、地道な営業仕事で高収入であることがたびたび報じられる。このように一発屋と称されてもその後も生き抜いている芸人は存在するのだ。テレビ出演がなくなっただけで、地方のテーマパークや結婚イベント等で行う“営業”仕事はコンスタントにあるケースが実は多いのかもしれない。

 そんな“一発屋芸人”にカテゴライズされるひとり、小島よしお(34)が、新たな活動を始めた。11月号の「ひよこクラブ」(ベネッセ)に、『キッズコーディネーショントレーナー』の先生として登場しているのである。

 『小島よしお先生が伝授!! 運動神経がよくなる室内遊び』という特集がそれだ。リードには「運動神経をよくするには、赤ちゃん時代に何をすればいいの?そんな疑問を持つママたちへ、お笑い芸人であり『キッズコーディネーショントレーナー』の資格を持つ小島よしおさんが秘訣をレクチャー!」とある。いつのまにかそんな資格を取得していたのである。さて、どんな資格なのか。

1 2

ブログウォッチャー京子

1970年代生まれのライター。2年前に男児を出産。日課はインスタウォッチ。子供を寝かしつけながらうっかり自分も寝落ちしてしまうため、いつも明け方に目覚めて原稿を書いています。

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

ひよこクラブ2015年11月号