連載

あなたの知らないエロゲーの世界 セックスと表現のおいしい関係

【この記事のキーワード】

image2

みなさんお忘れかもしれませんが(なにせ僕自身がすっかり忘れていましたからね)、以前に、無職は仕事を募集していたんです。ところが、その直後に父親から働けと言われてしまい、就活資金を貯めるためにバイトを始めたわけです。それですっかりうやむやになってしまったのですが……結局あれはどうなったのか? というとですね……。

一切仕事が来なかったんですよね!

まぁ、予想された事態ではありましたが……本当に全然さっぱりこれっぽっちも来なかったんですよ。

・YouTubeで特定の動画をクリックしまくって、再生回数の水増しをする仕事
・クラウドワークスとか、ランサーズとか 

具体的なアドバイスがこの二つだけっていう。

僕「みんな、お説教ばっかりで、全然仕事紹介してくれないじゃないか!」
担当編集者「当たり前じゃないですか! どこの馬の骨ともわからない無職に誰が仕事紹介するっていうんです? 信用出来ないでしょ、そもそも」
僕「お前言い過ぎじゃね?」
担当編集者「……仕方ないから僕が仕事を紹介しますよ」
僕「いいから早くよこせよ」

というわけで、誰も仕事紹介してくれなかったので、担当編集者が仕事を紹介してくれることになりました。いわゆるひとつの「仕込み」ですね。こんなんでいいんでしょうか……?

なにはともあれ、バイトと、原稿仕事と並行して、テープ起こしやデータリサーチを始めました。リサーチといっても、ネットに公開されてる情報をエクセルにまとめるような作業です。

すべてを同時並行でやるとなると、中々大変になってきました。バイト帰りに喫茶店で原稿を書いている暇もなくなってきたので、最近は電車の中でiPhoneで書いていることも多いです。帰宅してパソコンを立ち上げ、徹夜でテープ起こしをして軽く仮眠をとってバイトへ。

ただこれ、どうにもこうにも地味なんですよね。毎日バイト先でもパソコンに向かってるだけ、家に帰っても、ずーっと長時間パソコンに向かう。長時間ひたすら座り続けているので、座骨神経痛になったりするくらいで。

とくにスペクタクルみたいなものがない。

日々淡々とエクセルで作業してるだけなのでピンチも何も訪れないんですよ。家の中に江頭2:50がやって来ていきなり僕のパソコンを破壊でもしない限り、そうそう困ったことにはならない。だいたいのことはググるか、担当編集者に聞けば解決するし。

担当編集者「でも奥山さん。現実的に、今の連載の延長線上で、何か紹介出来る書き仕事なんてないですよ。なんかもっと専門性とか得意分野がないと、ただのサブカルじゃライターは厳しいしね」

そう……確かに、僕には強みが無いんです。

エロい人間になるぞ

詳しいことが何もないので、文章で食っていくなんて夢のまた夢なのかもしれません。何か強みとか専門分野が欲しい……話題になる前にマイナンバー制度とか勉強しとけばよかった。いや、誰も無職にマイナンバー制度について訪ねてきたりしないとは思いますが……。

そんなことを考えながら、家での在宅仕事の合間に、東京での就活に向けて求人情報を見ていたら、ふっと次のようなページが目にとまりました。

・ゲームのシナリオライター募集

おお、そうだ、その手があったか、と僕は思いました。

たしかに、ゲームには文字が表示されています。その文字を作成している人間というのがこの世のどこかにはいるわけです。

早速応募条件を確認しますが、かなりシビアに実務経験を問うてくる求人が大半です。それでも、ごくたまに未経験OKの求人が存在していました。

それはなんでしょうか?

そう、それこそが、エロゲー。

エッチなゲームの、シナリオライターです。

その瞬間、僕は閃きました。

エッチなゲームのテキストを書いて食っていこう!

なれるのかどうかなんてさっぱりわからないのですが。

というか、ミョンちゃんにフラれそうだな……。許してもらえなさそう……。

そのへんはとりあえず考えないようにして、僕はその日からエロい文章を書き始めました。というのは、未経験者が採用に応募するには、作品を提出する必要があったからです。それで僕は、エッチなゲームに表示されることを想定した文章を書き始めました。

…………僕は一体何をしているんでしょうか?

深夜、両親の寝静まった実家で、僕はただひたすらに、自分にとってエロいと思われるテキストを書きつけていきました。

薫先生は淫靡な素肌を露わにして……白い乳房が…………ああっ……だめっ…………僕は一体何をしているんでしょうか⁉︎(二回目)

しかしこんなことで照れたり恥ずかしがったりしていては、立派なエロゲーライターにはなれません。照れを、恥ずかしいと思う気持ちを捨てないといけない。

というわけで近ごろの僕はというと、寝る間も惜しんで、エッチな文章を書き続けているのです。そんなわけで、寝不足の生活が続いています。

しかし作業は困難を極めました。僕の乏しい性経験では、とてもアブノーマルなことなんて書きようがない。それで想像力を羽ばたかせていく必要があるわけです。僕は想像しました。自分が筋骨隆々のマッチョな男(五郎丸歩風)になり、次から次へと女を抱いていくところを。

書いている最中に、知人のエロゲーマニアの女の子にメールで送りつけて僕の官能的な文章を読んでもらったりもしました。

「全然、濡れないかなぁ……こう、表現が古臭いんじゃない?」

がーん! かなりショックでした。そう、筋骨隆々のマッチョなど、エロゲーの世界では基本的に求められていないのです。勉強のために僕はエロゲーを何本か購入し、早速プレイしてみることにしました。

1 2

奥山村人

1987年生まれ。京都在住。口癖は「死にたい」で、よく人から言われる言葉は「いつ死ぬの?」。

@dame_murahito

http://d.hatena.ne.jp/murahito/

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

普通に働け (イースト新書)