連載

「妊娠期間が子の人生を決定」「過去生を思い出し夜泣き」ーいまアツいスピ育児本!

【この記事のキーワード】
SpiYakou31a

育児本にもいろいろあるけれど。Photo by Oleg Sidorenko from Flickr

 秋のスピ本祭り、第1弾は大島美幸のトンデモ妊活本、第2段は子宮カルト啓蒙書とご紹介してきましたので、最後はほっこりムード漂う子育て本で締めくくりたいと思います。

 まず1冊目は9月に発行された『おなかの中からの子育て』(浅井あきよ/WAVE出版)です。帯には〈「生まれつきの性質」はおなかの中でつくられる!〉とあるので、妊娠中の人ならば「こりゃ読まな!」という気持ちをあおられそう。

 そして〈おなかの中〉という言葉がくればもちろん、それが枕詞であるかのように胎内記憶の池川医師がご登場です。〈はじめに〉の言葉が終わるとすぐに〈池川明先生からのメッセージ〉なるページがはじまり、こんなお説が語られます。

妊娠中の約9か月間、赤ちゃんと一緒に、いかに楽しく過ごすかで、大げさかもしれませんが、子どもの一生が変わってきます

 早速つきつけられる、すごいプレッシャー! 子どもがアトピーなのは母親の食生活のせい、頭の形がゆがんでいるのは母親の骨盤のせいなど、子どものトラブルは何でもかんでも母親のせいにされがちなのに、楽しくすごすかどうかで人生を左右するとまで言われるとは、脅し系ほっこりだわ、こりゃ。

1 2 3 4

山田ノジル

自然派、エコ、オーガニック、ホリスティック、○○セラピー、お話会。だいたいそんな感じのキーワード周辺に漂う、科学的根拠のないトンデモ健康法をウォッチング中。当サイトmessyの連載「スピリチュアル百鬼夜行」を元にした書籍を、来春発行予定。

twitter:@YamadaNojiru

Facebook

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

生まれた意味を知れば、人は一瞬で変われる - 胎内記憶・前世記憶研究でわかった幸せへの近道