ライフ

「育児中の美容部員も土日勤務を」資生堂ショックの真意とは?

【この記事のキーワード】
[PR]
[PR]
資生堂グループHPより

資生堂グループHPより

 「資生堂ショック」という言葉が再びフォーカスされています。この言葉は、もともとは大手化粧品メーカーである資生堂が、他の企業に率先して行ってきた育児支援制度の方針を転換したことのインパクトを示すものでした。

 資生堂は、今から25年前の1990年には育児休業制度(子どもが満3際になるまで、通年5年まで取得可)を実施し、その後も様々な制度を導入してきました。

 事業所内保育施設を開設・運営したり、男性社員が育児休暇を取得できるように2週間以内の育児休業を有給化したり、あるいは店頭に立ち化粧品を販売している「美容部員」の育児時間を確保できるよう、短時間勤務制度を導入するなど、20年の間、充実の一途を辿ってきた資生堂。

 特に時短勤務については約1100人ほどの美容部員がこの制度を利用しています。また美容部員が育休を取れるように、代わりとなる派遣社員(カンガルースタッフ)として、1647人と契約を結んでいます(2014年度時点)。

 しかし今年4月に、この時短勤務制度の方針が転換され、時短勤務をとっている美容部員にも、遅番や土日勤務を促すようになりました。

 他の企業に先駆けて育児支援制度を充実させてきた資生堂だからこそ、このショックは大きかった。そして今月9日に「NHKニュース おはよう日本」で改めて「資生堂ショック」が取り上げられたことで、いま話題となっているわけです。

産休・育休は甘え?

 番組の中では、この方針転換の理由として、資生堂が2006年から2014年の間に、国内売り上げを約1000億円も下げてしまっていることが報道されていました。経営陣は「美容部員がかきいれどきの時間帯に店頭にたっていない」ことが一因となっていると考えてるようです。

 また社内から不満の声があがっていたことも指摘されていました。

 働く女性が妊娠・出産した際に、嫌がらせや退職勧告などを行われてしまう「マタニティ・ハラスメント(マタハラ)」は、次第に周知され、問題が可視化されつつあります。その中で、マタハラが発生する要因として「ある社員が産休・育休をとることで、仕事を押し付けられていると感じる社員の不満」があることも知られています。資生堂でも同様の声が上がっていたようで、子育てをしていない美容部員から「不公平」という声があったと、番組の中で取り上げられていました。

 さらに社員に渡されたあるDVDの中には、執行役員が「(充実した制度が当たり前のものとなったことで)甘えがでてきたり、権利だけを主張する美容部員がいる」と発言していたことも紹介されていました。

1 2

コメント

コメントする

37 :
2015年11月19日 22:32

つぶれたらいみがないけどね。

返信
36 :
2015年11月19日 11:31
>>35

そのセリフ、20年前の資生堂のスローガンだったよね。

返信
35 :
2015年11月19日 00:02

未来のユーザーを育てているという自覚がない人たち。
目先の利益ににしか興味がない会社は、長くないね。

返信
34 :
2015年11月18日 21:25
>>33

ゆとりじゃないけど全然子育てきついし
子どものせいにして会社休もうもんなら、冷遇されるのも目に見えてるから
子どもが具合悪くても他の理由にしてるレベル。
>>33みたいなのが日本を子育てしにくい国にしてると思う

返信
33 : 子どもぐらいちゃんと育てろ
2015年11月18日 18:44

ゆとり世代がママになってるから、何やっても大変って思うんだよね。
育児経験ある、現在犬を飼ってる私からしたら、犬も赤ん坊も一緒です。
犬が具合悪くて死にそうでも休めませんが、子どもが具合悪いってウソついても会社は休める世の中になっちゃいましたね。

返信
32 :
2015年11月18日 01:26

会社側の説明の仕方が良くない、ということに尽きるのでは?

そもそも時短勤務=早番勤務で短縮、というのでは、制度の柔軟性がなさ過ぎで、遅番勤務でも時間短縮勤務は可能であるはず。
時間短縮ができるのであれば、シフトの時間帯は問題になるところではないでしょう。

労働者の立場で考えるなら。
預け先が公立の保育所で19時に閉まります、他に選択肢はありませんという場合には確かに無理な話なのだろうが、会社側は事業所内託児所やシッターの利用という選択肢を用意したうえで遅番や土日対応の話を言っているのだから、決して無理な話でもない。
(もっとも・・父親が土日出勤する場合に母親が自宅で子供を見ているのは当たり前なのに、母親が土日出勤する場合は託児所やシッターを、というのは、ずいぶん父親が優遇されてるな、とは思うが。)

一方、会社側で考えるのなら。
時短勤務が早番・平日ばかりに偏っては、人員の配置は簡単ではないし、せっかくの土日や平日の帰宅時間帯の「働く女性」という売上が見込めるお客様を人員不足でみすみす逃しているのは、惜しい。
代替人員の確保にもお金がかかるし、売上が減ったのなら、できるだけそういう出費は減らしたい。
だったら、同じ時短勤務者のシフトだけを変える形で対応できれば解決するのでは、と考えるのは自然な話だと思われる。
社会情勢からいうと、労働人口は減りつづけるのだから、いつまでも代替要員が確保できる保証もないわけだし。

別企業の事業所内託児所で子供2人がお世話になった人間からすると、ぶっちゃけ、事業所内託児所なんて赤字にしかならない存在で、会社にとって必ずしも歓迎されるものではないのだけれど、それでも続けているというのは、それだけ社員のことを考えている企業だと思う。
ましてや、育児休業なんて言ったら、退職勧告や勤務形態の変更(正社員→パート等)を迫る企業は少なくないし、キャリアが途絶えることも多い。
そう考えると、いい会社なんじゃないの?と思う。

・・子供が中学生くらいになったら、判るんじゃないかな?w

返信
31 :
2015年11月17日 09:10

会社側からすればこのまま業績が悪化したら権利がどうとか言ってる場合じゃないってことかなと思う。
かと言って人を募集しても集まらない。
産休要因なんて期限付きでお給料も良くないし、いいように使われるだけ働く側からすればメリットないと思っちゃう。
儲かるように今いる社員で頑張りましょうよってことじゃない?
だって、業績不振が続けばあるのは間違いなくリストラでしょ?

返信
30 :
2015年11月17日 08:32
>>26

本気で言ってるの?それ理想ではないし幸せでもないですよ。

返信
29 :
2015年11月16日 23:29
>>26

男の給料が安いなら給料格差のある女は一体なんなんだつーの
生活費に余裕があれば女はみんな専業主婦になるとでも思ってんのか?
なんのために高等教育受けてると思ってんのか、バカじゃねーの

返信
28 :
2015年11月16日 23:10

デパート勤務の親戚が言ってたけど、土日働ける人が全く集まらないそうです。遅番とかも募集してるけど、来ない。
やはり土日や夜に働くのは困難なので、そういうシフトはもう時給倍額出すとか、決めたほうがフェアなんじゃないかと思う。
北欧はそうしてるよ。

返信
27 :
2015年11月16日 21:50

土日出勤出来る人を企業がもともと雇えば良いのではないのか。

時短勤務者はそれなりに低いと賃金で働いていますよ。
有給だって少ないし、将来の年金制度も賃金に比例しているので、時短で働けば働くほど不利になる。
もちろん、賞与だって賃金比例なので、それなりに少ない。
残業だってしたいのに、できない。

土日出勤を元々の雇用条件にしてしまえば何も問題ない。
企業が努力していない。
または土日という概念を無くせばいい。

返信
26 :
2015年11月16日 21:44

今の世の中は…男性の給料が低いのに、物価が高いのだと思う。
なので、理想だけで言うなら…

男の給料が上がり、物価が下がる

生活費に余裕ができ女が育児に専念できる

保育園が不要になる

待機児童がなくなる

みんなが幸せ

返信
25 :
2015年11月15日 12:46

時短勤務者の穴埋めとして平日夜・土日祝に徹底的にシフト入れられ、出産どころかデートもままならない独身フル勤務者の不満が爆発するのも理解できる。
個人的には夜間土日入らない時短勤務者の給料を下げ、その分遅番・土日祝手当てをたっぷりつけてあげればいいのにと思う。
でもこれはこれで差別だハラスメントだと騒がれるんかな?

返信
24 : k
2015年11月15日 11:49

企業内部だけで解決できる問題ではない。資生堂さんが企業の努力で制度を整えるだけでなく、育休後に保育園などの子どもを預ける先がなくては、女性はいつまでもフルタイムで働けない。
「3歳まで抱っこし放題」とかバカな発言でごまかして、女性を活用する気がない首相がいる国では、実現は遠い。
子どものまともな発達のためにも、保育園を整備し全入できる状態にしないと、この問題は解決しないでしょうね。

返信
23 :
2015年11月15日 10:36

資生堂の選択は、企業の経営方針の一つとして認められるべきなのかもしれない。
けど、個人的には許せないし、今後資生堂の化粧品は買わないと思った

返信
22 :
2015年11月15日 03:06

資生堂はこどもが3歳まで育児休業、9歳まで時短勤務認めてるんだよ?
デパートとかの化粧品売り場だったら会社帰りのOLが来る平日遅番や土日がお客さん多くて忙しいはずだし、1〜2年程度ならまだしも計10年もずーっとそこを休まれてちゃ利益追求する企業としては困るでしょう
時短勤務者ももうちょっと利益に協力してよ、いうのがなぜそんなに酷いだ何だ言われるのか理解に苦しむわ

返信
21 :
2015年11月15日 02:41

当たり前じゃないだろ

返信
20 :
2015年11月15日 02:33

産休育休時短。権利で結構。
でも席が残ってると思うなってことじゃないの?
当たり前だと思うけど。

返信
19 :
2015年11月13日 08:35

政府は女も働けと言ってるのに実際の企業は働きづらいまま。

返信
18 :
2015年11月13日 05:46

なんかホント明治生まれの祖母ちゃんが危惧してた事が現実になっていく感じ。
まだ大丈夫なのかな??斬新な事が少しづつ少しづつ撤退していくと・・・・

返信
17 :
2015年11月13日 05:36

斬新的な制度を持ってる会社はそれだけで同業他社と異業種他者から足を引っ張られやすいけど、
資生堂美容員というだけで社会全体から孤立するような事態になったのかもしれない。
売り上げは商品良しあしが差ほど変わらなければイメージだからね。
言えるのは今後この状態で資生堂が業績が0.1ミリでも上下すれば
日本大中小企業それを理由にもう決して妊娠する可能性のある女性をまともには扱わなくなるだろう
という事。
妊婦だけじゃなく全ての女性をね。

返信
16 :
2015年11月13日 05:01

育児休暇が甘えっていう人は官房長官と殴り合ってほしい

少子化だから女は早く結婚して子ども産め
仕事は休まず残業もしろよ

現代の女の人は理不尽で身勝手な要望を受け続けるんだな

返信
15 :
2015年11月12日 00:22

http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20150528/281748/?ST=smart
この記事を読んだ直後だったので興味深かったです。
わたしは独身なので考えが至らないかもしれませんが、上記文中の資生堂側主張の制度は会社が配慮として用意するものという考え方がしっくりきました。
個々のケースについて折衝して折り合いをつける問題なのかと思います。
会社が制度を用意するか決められるように、私たちもそれに応じるか決められる。
会社に必要な人だったり、その後のことも考える会社なら、ちゃんと話し合って決められるんじゃないかと思ったのですが、やっぱり甘いでしょうか…

返信
14 :
2015年11月11日 20:12
>>3

有給も消化できないからって、育休産休を取れる人に八つ当たりするのは幼稚。理解できない。

てか、産休育休って当然の権利だよね。今までがおかしいだけ。当然の権利を当然の権利として要求して何が悪いの?

日本人って、何でそこでひねくれて、もっと謙虚になればいいのにとか、昔は大変だったとか、今は恵まれてるんだから的なことをグチグチいい始めるわけ?

自分の仕事のことだけじゃなくて、もっと社会全体を見ればいいのに。

何なのそのメンタリティw
謙虚なんじゃなくて卑屈(苦笑)

返信
13 :
2015年11月11日 20:01

少なくとも、昔に戻すことがプラスにならないということだけは確か。

返信
12 :
2015年11月11日 20:00

日本人は残業しすぎ。少ない人数で残業しまくって補おうとしてるところがほんとバカ。
そんなんじゃ、産休育休で人が減って文句タラタラになるのは当たり前。

残業時間と人件費と生産率が全然合ってない。働いている時間は長いのに、生産率は低い。それが日本。

もっとワークシェアリングすべき。大企業の正社員だけの特権にせず、派遣でもパートでも、産休育休とれるのも当たり前にすればいい。

返信
11 :
2015年11月11日 19:56
>>4

仕事をなんだと思ってんの?って、家庭との両立に本当に苦労したことない人間だから吐ける台詞だよね。

返信
10 :
2015年11月11日 19:52
>>4

関係あるでしょ。仕事だけを切り離してとらえられると思ってるところが昭和だよね。

返信
9 :
2015年11月11日 14:04

産休育休は周りにしわ寄せ行くのは当然るのが事実
それをフォローするのが上司と会社の責任で義務

育休から復帰するから人員補充無しとか
ムリだから
子育てしてたら子どもの病気で休むし行事で土日埋まるから
そこは親以外に代わる人員いないから!

返信
8 :
2015年11月11日 09:44

資生堂に限ったことじゃなく、
育児支援制度利用者が甘えている・権利だけを主張しているということが問題なのではなく
そのまわりの普通に働いてる人に負荷がかかっていることが問題なんじゃないか。
産休・育休・時短で確実にできる仕事量は減るのに、制度利用者もきっちり1人の人員としてカウントされる。
そのため、増員などはあり得ない。その分を補うのはまわりの人間。
制度利用者の仕事量はどう考えても普通の人を基準にすれば「ひとりぶん」ではない。
そこで資生堂のようにもっと無理をして普通の人と同じように働け、となるのはおかしい。
制度利用者に要求するのではなく、その分を補う支援じゃないのか。

返信
7 :
2015年11月11日 07:58

家事や育児は妻任せで身軽だから長時間働ける男の労働者が基準っていう日本だからね…
その家事、育児を担わされてて、仕事もする女はどうしろと…
本当にこの日本特有の雇用環境とか変な風潮どうにかしてほしいです

返信
6 :
2015年11月11日 07:56

資生堂の子育て中の男子社員は奥さんと同等に家事をやってるのかな?
会社側は父親が家事・育児に参加できる時間を与えてる?
他人の奥さんには仕事をしろと言いながら、自分の奥さんには家事まかせっきり
なんて勝手なことしてないでしょうね。

返信
5 :
2015年11月11日 00:03

女性だけの問題ではないし、従業員にしわ寄せがいっているならそれは社内の割り振りがうまくないだけ
それを産休をとっている女性、どちらかと言うと弱い立場の人間をターゲットにしてスケープゴートにするのはよくあることだけど、それはただの問題のすり替えでしかない

返信
4 :
2015年11月10日 23:59
>>1

家事、子育てが大変なんです!って言ったって、それは職場で働いてる同僚たちからすればなんの関係もないでしょ。楽をしてる=家でぐだぐだしてるってわけじゃなくて、仕事が重くないって意味だよ。私も女だけど、仕事の話をしてるのにそんな家の問題出されたら、この人、仕事をなんだと思ってんだろって思うよ。

返信
3 :
2015年11月10日 22:35

甘えやしてもらって当たり前感への反発、というのは
分からなくもない気がします
制度ができたばかりの頃は、申し訳ない、ありがたいと謙虚に利用していたのが、
いつしか当然の権利でしょ、となれば、
有給も消化できないでいる人たちからすればカチンとくるかもしれません

育児中だろうとそうでなかろうと、みんなが働き方を自由に選ぶことができ、
それできちんと成果があげられるのなら一番ですが、
現実的に売り上げがすごく下がっているのであれば、
社員一同働き方をもう一度見直す必要がある、という理屈は理解できます

もちろん育児中の社員の働き方だけをやり玉にあげたのなら納得いきませんが・・・

返信
2 :
2015年11月10日 20:02

資生堂内では時短勤務する男性社員っているのかな?
男性の美容部員って存在するの??
本社(ないしは美容部員以外の別部署)でも時短勤務は廃止なんだろうか。

こういう細かいデータがない限り、結局つまりまた「女性」だけの問題にされてしまうんだな、と思わざるを得ない・・・。

返信
1 :
2015年11月10日 19:23

職場にいない=楽をしてる、って考えがわからない。家で子供相手に遊んでる訳じゃないのに。

むしろ、仕事してる時間が少なくても、その分以上に家で育児家事というなの仕事をしてて、全く休めない。

仕事してる時間が長くても、家に帰れば休める単身者とは違うし、仕事だけを基準にして甘えだの何だの、不公平だの言われたくない。

私は独身だけど、そのぐらい考えればわかる。いずれ自分がそうなるかもしれないし、絶対一生独身で、育児も介護も病気もしない!なんて人はまずいないでしょ。
お金のもらえる保険だと思えばいいんじゃないのかね?

産休育休は甘え!なんて、名誉男性クソババアの曽野綾子みたいなこと言わんでほしいわ~

返信

コメントを残す

※空欄でも投稿できます

※誹謗中傷、差別的なコメント、プライバシー・著作権侵害などの違法性の高いコメント、宣伝コメントなどについては編集部判断で予告なく削除・非表示にする場合がございます。


七 × = 21

関連記事
最新記事

messy新着記事一覧へ

「育休世代」のジレンマ 女性活用はなぜ失敗するのか? (光文社新書)