ゴシップ

加護亜依「また、一緒にぶっとぼうね」コカイン逮捕の高部あいと危ない関係

【この記事のキーワード】
加護亜依オフィシャルブログより

加護亜依オフィシャルブログより

 10月下旬、現役アイドルだった高部あい(27)がコカインを所持していたとして、麻薬及び向精神薬取締法違反容疑で警視庁に逮捕されていたことが明るみになり、芸能界を騒然とさせた。高部は今クールのドラマ『サムライせんせい』(テレビ朝日系)に出演しており、逮捕によって彼女の出演シーンがカットされる事態に。所属事務所の大先輩である米倉涼子主演の新春時代劇(すでにクランクアップ)にも高部が出演していたため、制作側は編集に追われているという。

 また高部が逮捕前日にグラビアアイドルの森下悠里(30)主催で50名ほどのタレントが集ったハロウィンパーティーに参加していたことが判明し、高部の友人と見られる複数の女性タレントが麻薬使用について疑いの目を向けられるなど、芸能界全体を巻き込んだ大きな騒ぎとなっていた。

 しかし最新号の「週刊文春」(文藝春秋)によると、「高部が落ちていったのは、ある人物と知り合ったことがきっかけ」として、あの元アイドルの名前がはっきり挙げられている。その人物とは、元モーニング娘。の加護亜依(27)。高部と加護は2010年ごろに知り合い、それから高部は身なりが派手になり、夜の街での人脈も増えていったとのこと。高部はアイドルとしてはさほど知名度はなかったものの、実生活は派手で複数のパトロンがいたそうだが、すべては加護との縁がきっかけだという。

 高部と知り合った後の加護は、2011年に当時交際中であった元夫が恐喝の疑いで逮捕され、直後に自殺未遂を図っている。元夫の逮捕時には加護も参考人として事情を聞かれ、尿検査も受けたものの薬物反応などは出なかった。しかし、彼女の携帯電話には「この間は分量、間違えちゃった」「また、一緒にぶっとぼうね」などと薬物の使用を疑わせるメールが残されており、その送り先が高部であったという。加護と高部のメールのやりとりだけでは彼女らが薬物使用をしていたとは言い切れないし、今回高部が逮捕されたことと加護は関係がないのかもしれない。それでも、再起を図りバラエティ番組などの出演本数を増やしているこのタイミングで高部との親交が明るみになることは、加護にとってはマイナスだろう。

 ただ、「加護のイメージがこれ以上、下に落ちることはない。ほぼ落ちるところまで落ちたから、後は上がるだけ」と話すのは、テレビ局関係者。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

青い花 Blu-ray BOX