連載

【厚木ネグレクト死事件】死んだ息子を見るのが怖くて7年放置し続けた

【この記事のキーワード】
育てられなかった親たち

Photo by Tom Reynolds from Flickr

  アパート一室で昨年5月、死後7年以上が経過したとみられる斎藤理玖(りく)くん(5=当時)の遺体が発見された事件で、殺人罪と詐欺罪に問われている父親の齋藤幸裕被告(37)の裁判員裁判が9月15日から横浜地裁(伊名波宏仁裁判長)で行われた。

【厚木ネグレクト死事件】5歳息子を放置死に至らせた、ひとり親家庭の父親~裁判員裁判を振り返る
【厚木ネグレクト死事件】自炊も掃除も金銭管理も役所手続きも不得手な父親の、破綻した育児
【厚木ネグレクト死事件】毎月十分な収入を得ていたのに、ライフライン復旧の支払いはしなかった
【厚木ネグレクト死事件】弱っていく息子の異変に「気付かなかった」と言い張るのはなぜ

 9月24日に行われた被告人質問のリポートを続行する。妻が出て行き理玖くんと2人暮らしになった齋藤被告は、電気・ガス・水道が止まり、雨戸を閉め切った家に理玖くんを閉じ込めて仕事に行き、コンビニ食を1日2回かそれ以下の頻度で与える生活を続ける。キャバクラで出会った女性と交際をはじめてからは外泊がちになり、最終的に理玖くんは餓死してしまった。“普通”“常識”の感覚では、幼児をその環境下で閉じ込めていれば「死んでしまうかもしれない」と思い至りそうなもので、裁判でも被告がその危険性を認識していたか否かが争われたが、被告は息子の体調にさほど異変を感じていなかった(ゆえに大丈夫だと思っていた)、と主張を続ける。

齋藤被告「仕事に行く前は……普通っていう言葉、適切か分かりませんが……はぁ、はい、元気はない感じしました。死んでしまうとは思いませんでした」

 しかしその日、被告が仕事から帰ってきたら子供は死んでいた。遺体を目にした被告は「やっぱり、びっくりしてパニックになりました」。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

ルポ 消えた子どもたち―虐待・監禁の深層に迫る (NHK出版新書 476)