連載

いつまでも若くてステキでいるために! キスの絶大なる効果を再確認

【この記事のキーワード】
hormone08

Photo by andrewXu from Flickr

 更年期障害といえば、40~50代の女性に多くみられる症状だと思われていますよね。ですが、近年は20~30代の若い女性にもみられるようになってきました。

 主な自覚症状は、生理不順やカラダのほてり、イライラ、めまい、肩こり、頭痛……など。こうした症状は通常、女性ホルモンのひとつである、エストロゲンが急激に減少することで起こります。エストロゲンは加齢によって徐々に減少していきますが、閉経前後になると一気にガクンと減少。その急激な落差に驚いた体が、上記のような不調を訴えるようなるわけです。若い女性の場合は、生活習慣の乱れや冷え、喫煙、過度なダイエットや極度のストレスによって減少するそう。心当たりがある方は、一度、婦人科を受診してみてくださいね。

 ところで、かつて更年期障害は「アジアの病気」と言われていたことをご存じですか? 日常的にキスをする習慣がある欧米では、更年期障害の症状は見られなかったといいます。現在ではもちろん、欧米でも更年期障害は認められていますが、日本とは症状の定義が少し違います。そのため、日本では更年期障害と呼ばれていた症状が、向こうでは同じ病気としてカウントされなかったのかもしれませんね。

 ただ、実際のところ、日常的にキスをすることで、更年期障害の症状をやわらげられるという説があります。キスすることで性的な興奮が高まり、女性ホルモンの分泌が活性化して、エストロゲンの急激な減少に歯止めがかかるためです。キスでつらい症状が緩和されるなら、しない手はありませんよね!

 余談ですが、唾液には老化防止ホルモンのパロチンが含まれています。そのため、よくキスを交わすカップルというのは、男女ともに老けにくい傾向があるようです。特に激しいキスをした場合、唾液の分泌量が増えますから、高いアンチエイジング効果が期待できるとか。ちなみに、同性同士でキスしても、唾液の分泌量は同じように増えるので、アンチエイジング効果はあるようですよ!

(文=きづき桃)

【女子ホルモン部バックナンバー】
第1回/峰不二子になりたくば「肌を出せ」! 浮気な女はホルモンが作る
第2回/乳首を吸われれば吸われるほど、男に尽くしたくなってしまう!? 嗚呼女性ホルモンの意地悪!
第3回/浮気な彼はこうしてやる! ○○○攻めで彼のソワソワ心を封じ込め
第4回/シャワーを浴びても落ちない…女だけが嗅ぎ分けられる「浮気の証拠」
第5回/パイパン・ブームに物申す! 陰部剛毛女子は敏感ボディ
第6回/淋しくなると、彼のココやアソコに顔を埋めてクンクンする女たち
第7回/Tシャツに染み付いた男の体臭が教えてくれる、ふたりの相性

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

キス×Kiss×キス~特別限定永久保存版パッケージ~ DVD