ゴシップ

なぜ嵐・大野智は「抱かれたくない男」になったのか?

【この記事のキーワード】
『大野智作品集 FREESTYLE II』M.Co.

『大野智作品集 FREESTYLE II』M.Co.

 「週刊女性」(主婦と生活社)の名物企画『抱かれたい/抱かれたくない男ランキング』が今年も発表された。同企画では、抱かれたいランキングにはジャニーズタレントや人気俳優などルックスが大きなウリの一つである男性芸能人の名前が並び、抱かれたくないランキングにはお笑い芸人などルックスをウリとしない、むしろ「ブサイク」や「キモイ」ことで注目を浴びる面々がランクインするのが毎年の流れであるが、今年は大きな変化があった。

 抱かれたい男総合ランキングは、1位が嵐の松本潤(32)、2位がSMAPの木村拓哉(43)、3位が五郎丸歩(29)で、以下も斎藤工(34)や山下智久(30)など見目麗しいタレントの名前が続き、例年通りといった形である。

 しかし、抱かれたくない男ランキングを見ると、1位に出川哲郎(51)、2位にアンガールズの田中卓志(39)、3位に江頭2:50(50)と“そういう扱い”のお笑いタレントが上位を独占する中、なんと4位に嵐の大野智(34)が入っている。ちなみに新婚の福山雅治(46)も同ランキング7位。長年独身を貫いた福山だからこそ、結婚が大きく人気に影響したのだろうか。

 なお、木村拓哉と嵐の櫻井翔(33)も同ランキングに入っているが、彼らの場合は抱かれたい総合ランキングにも名前が出ているため、ファンが多い分アンチもいるといった人気者ならではの結果だろう。しかし大野は総合および「抱かれたいジャニーズ」ランキングトップ10にも嵐で唯一、名前が上がっていない。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

不動の魂 桜の15番 ラグビーと歩む