カラダ・美容

加齢でやせ細るアソコ…。最新のアンチエイジング機器で、ふっくら復活!

【この記事のキーワード】
AsokoAntiAging01

見えないところが、老けていく。Photo by Walter from Flickr

 皆さんが見ているmessyのページには、どんな広告が表示されていますか? 筆者・久保樹のは「しわとり」「酵素ダイエット」「シミ・シワ対策」など、アンチエイジングのターゲット広告ばかり。……えーいうるさいわい! アラフォー女をなめんなよ! こちとらピッカピカのツルツルじゃい(あくまで自己申告)!

 で、ふと思ったのですが。顔やカラダのアンチエイジング製品はあっても、あそこ(そうです、ま○こです)の老化って、どうにも食い止められないものなのでしょうか? あそこだって臓器の一部だから、当然年齢とともに衰えていくものだし……。そう思っていたら、恵比寿に「キュアクリニック」という体臭ケアと女性器のアンチエイジングが専門のクリニックが、11月16日にオープンしていたことがわかりました。こ、これはぜひ話を聞かねば!

「あのー、取材したいんですけど……」

 おそるおそる連絡してみると、あっさりOKが。しかし久保樹は子宮がん検診ですら「はあ~」とため息をついてしまうほどの、大のビビリ。そこで編集のM嬢に、代わりに体験してもらうことにしました。同じくアラフォーのM嬢は尿漏れや性交痛はないものの、小陰唇がやや大きいかなと思うのと、色素沈着が気になっているそう。

アソコはどんなふうに加齢する?

「20代のときの性器は脱毛してなかったのもあるからよく覚えてないけど、それでも今よりは外性器がふっくらしていたと思います。でもそれってつまり、膣内もこけたってこと? それはそれでイヤだなあ」(M嬢)

 彼女は「おひとり様ストリップ鑑賞」にハマっていて、そこで気付いたことがあった。それは「若い踊り子さんはあそこがぷっくりしているのに、ベテランのはやせている」こと。加齢とともに重力によって、下がっていくのかしら……? 確かにロリ系のエロマンガにはよく、「あそこがぷにぷに」という描写が登場します。ぷっくりしてることこそ、若さの証なのかしら……? ああ、疑問はつのるばかり。

 クリニックからは「前日までにIラインは処理してきてください」と連絡がありましたが、M嬢はすでにレーザーで脱毛済み(痛くなかったの?)。また生理中と、3カ月~1年前までに子宮頸がん検診を受けていなかったり、受けていても結果が擬陽性以上の場合は施術ができないそう。過去に子宮体がんと頸がん、子宮内膜症などの病歴がある場合は、カウンセリング次第ではこれまた施術できないとのこと。いずれもクリアしているM嬢と向かうと、院長の上田弥生先生が迎えてくれました。

AsokoAntiAging02

1 2 3

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

老けない人はやめている