ゴシップ

離婚から8年経っても家族旅行! RIKACOと渡部篤郎の関係性

【この記事のキーワード】
RIKACO

増谷キートンっ!?(『RIKACO―村上里佳子写真集 with an essay』竹書房)

 ハッキリものを言う性格や威圧的な態度で、炎上騒動を起こすこともしばしばのタレント・RIKACO(47)。テレビでは毒舌ぶりが強調されることが多く、7月2日に放送された『解決!ナイナイアンサー』(日本テレビ系)で出演者とバトルをしたり、3日放送の『ドラゴンレディ3』(フジテレビ系)では益若つばさに「(益若が離婚したのは)男を見る目がなかったんだよ」と斬りかかり、いちいち話題になっている。

 とはいえ、彼女自身も2005年に俳優の渡部篤郎(45)と離婚している。RIKACOは「私は見る目があったと思います」と、渡部が益若の元旦那とは違っていい男であることを主張していたが、実際に今もこの元夫婦は「いい関係」にあるらしい。

 発売中の「女性セブン」(小学館)が、8月上旬、二人の息子の夏休みを利用して、RIKACOが渡部を含む家族4人でハワイへ旅行していたと伝えている。掲載されている写真は成田空港の駐車場でのファミリーを撮影したもの。RIKACOは仕事の都合で一足早く帰国していたそうで、息子たちを迎えに来たようだ。

 RIKACOが親権を持つ子供たちは、もう18歳と14歳。ともすれば反抗期で家族旅行を楽しむどころではないものだが、彼らは週に一度は4人で食事をし、渡部と子供たちだけで旅行に行くこともあるほど仲が良いという。

 離婚の原因は、渡部の不倫だった。03年に、渡部が女優の中谷美紀との密会を報じられたのである。離婚から3年後、RIKACOは大学の心理学特別講義にゲスト講師として招かれた際に、「元旦那さんはみんなが知っている女優さんにとられちゃった」と明かしている。その後もくっついたり離れたりを繰り返しながら、渡部と中谷の関係は継続しているようだ。

 記事では、息子から「パパともう一回結婚する気はないの」と問われ、RIKACOが「もう男と女の関係ではないから、それはない」と明言したともある。しかし一緒に生きていくことはできなかったものの、そこにはまだ確かな「愛情」が存在するのだそうだ。

別れた夫婦のあり方として、これが理想的なかたちかどうかは分からないが、少なくとも子供たちにとって、離婚しても「パパがいなくなった」わけでないことは良いのかもしれない。離婚後、憎しみの感情だけが残ったり、二度と会わなくなってしまう「元家族」もいることを考えれば、彼らは良好な関係を築いていると言えるだろう。

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

RIKACO’S ALOHA STORY: Hawaii Perfect Guide (光文社女性ブックス VOL. 139)