ゴシップ

ありふれた離婚…ブログから読み解くおちまさと&越智千恵子の破局がリアルすぎる

【この記事のキーワード】
越智千恵子公式twitterより

越智千恵子公式twitterより

 テレビ番組の制作を手がけるプロデューサーのおちまさと(49)と、タレントの越智千恵子(28)日が11月21日、それぞれのブログで離婚を発表した。

「私、おちまさとは越智千恵子さんと先日二人で話し合いの結果 すべて円満に合意し離婚致しました。娘は私の強い希望により 自分が育てる事となりました」(おちブログ)

「私、越智千恵子はおちまさとさんと先日二人で話し合いの結果 すべて円満に合意し、離婚致しました。娘は父親の強い希望により 父おちまさとさんが育てる事となりました」(越智ブログ)

 双方の名前を入れ替えたのみの同じ文面であり「一つだった直線が いつしか僅かではありますが 角度がついた二つの直線となり 時間が経つ程に直線の先の幅が 大きくなって行くのであればと 早い決断をした次第です」とも書かれている。すれ違いがこれ以上大きくなる前に、と早い段階で決めたわけだが、「すれ違いがこれ以上大きくなる前に修復しよう」となる夫婦もいるわけで、なんとでも言える離婚理由である。報告文にあるように、5歳になるひとり娘の親権はおちが得た。

 2008年8月8日、末広がりの縁起のよい日に入籍してから7年、特に不和が伝えられることもなく、芸能人夫婦としては地味なポジションだった彼らの突然の離婚発表。22歳離れた歳の差夫婦で、おちの前妻から越智が略奪婚を果たしたものだとも言われたが、当時のコメントで越智は「年齢差を感じたことがない、双子みたい」とのろけている。09年4月に挙げられたふたりの式は、FENDI表参道店をその時間だけ全フロア貸切にするというセレブ感満載なもので「FENDI婚」などと報じられた。越智のドレスはFENDIとCHANELのデザイナーを務める、あのカール・ラガーフェルドがデザインしたという、これまた豪華なものだった。結婚後は芸能活動を控えるようになった越智だが、10年5月に長女を出産後、『旦那さん弁当』『旦那さん定食』『離乳食レストラン』など料理本を6冊も出している。

 さて、芸能人夫婦が離婚となると、スポーツ紙が週刊誌などが事前に「離婚寸前」の情報を流し、離婚理由なども書かれることが多いが、この夫婦の場合は唐突であったうえ、一般的に母親が子の親権を得ることが多いなか、父親が親権を得ているため「どういう事情があったのか?」とネット民の関心を集めている。特に、「いくら父親の強い希望があっても、母側が子供を手放すケースは珍しい」「ネグレクト母だったとか?」「新しく男でもできたか」と、妻側が有責の離婚だったのではないか、という憶測コメントが多い。こうした邪推をできる限り避けるための予防線として、「父親の強い希望により」と双方ブログで記載したのかもしれない。

 ふたりはそれぞれにブログで娘との仲睦まじい生活を綴っており、どちらも育児関心は高かった様子が伺える。少なくとも両親のどちらかが娘と折り合いが悪い様子は見受けられない。現実的に考えて、まだ20代と若い越智は、もう50代になろうとするおちよりも、今後ふたたび子供を産み育てる可能性がより残されているから……ということも考慮されたのだろうか。

1 2

ブログウォッチャー京子

1970年代生まれのライター。2年前に男児を出産。日課はインスタウォッチ。子供を寝かしつけながらうっかり自分も寝落ちしてしまうため、いつも明け方に目覚めて原稿を書いています。

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

子連れ離婚を考えたときに読む本