連載

働いてる方がラク 休日恐怖症に陥ったある人物の告白

【この記事のキーワード】

image2

そういや、47連勤が終わりました。

久しぶりに休みになり、家でぼけーっと日々を過ごしていると、ふっと頭に憂鬱が去来しました。

嗚呼……虚しいなぁ。

自殺したいな。

僕は何をやっているんでしょうか?

食べたくもないのに食べ物を口に運びました。ダイエットのため、基本的には晩飯一食だけ、よほど腹が減ったらサラダチキン、といった食生活を続けていたのですが、呆気なく破って、先週のコラムの最後で書いたように、日中からひたすら食べ続けました。

生きているのが、つらい。

人間って何のために生きるんでしょうか。

働いて働いて小銭を稼いでたいしたものも買えずあとの時間は疲れて寝るだけ。奴隷です。

疲れて何もする気が起きません。寝込んでるうちに三連休が終わりました。布団を頭から被ってうずくまりながら、薄暗い部屋で僕はなんとなく、この連勤の日々を振り返ったりしました。

連勤の日々

会社では黙々とバイトしていました。僕は働くこと自体は嫌いではないのです。何かに没頭することで、人生の虚しさを忘れられるから。ただ、あとから余計虚しくなるのが嫌なだけで。

ある日の仕事中、後ろの席から暗い叫び声が聞こえてきました。

スーツ男「ああああああ! 今すぐここで死にたい!」

振り返ると、スーツを着たバイトの人が頭を抱えていました。わかる、すげーわかる、と思いました。超共感出来る発言です。僕もずっと、そういうことを叫ぶのを我慢しているのです。

いや……しかしそれにしても、こんなにストレートに自殺願望を大声で叫ぶことが許されているなんて、ゲーム業界ってかなりブラックなんでしょうか……。と思っていると、僕の横にいた別のバイトの人が、更に斜め上をいく発言をしました。

古株バイト「火炎瓶飲めよ!」

やべー! やばすぎる。なんだこの職場は!? 赤軍派の残党なのか? すわ、総括か!?

スーツ男「あー、そうか! じゃあ、そうする!」

と男が嬉しそうに叫んだので、僕は思わず身構えました。

お前は、今ここで焼身自殺するつもりなのか!? せめて……外でやれよ!

震えながらスーツ男の行方を見守ると、何やら熱心にゲーム画面に向き合っています。話が違うじゃん……? と思いながらよく画面を見ると、ゲームのキャラクターが火炎瓶というアイテムを使用して自分にダメージを与え続けていました。そのまま、自殺するキャラクター。ゲームオーバーの表示を見て、なんやゲームの話やったんかい! とやっと理解が追いつきました。

なんやゲームの話やったんかい! とか言ってる場合じゃないんですよ。こっちはもう、自殺したくてしょうがないんです。

1 2 3

奥山村人

1987年生まれ。京都在住。口癖は「死にたい」で、よく人から言われる言葉は「いつ死ぬの?」。

@dame_murahito

http://d.hatena.ne.jp/murahito/

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

年収の伸びしろは、休日の過ごし方で決まる ズバ抜けて稼ぐ力をつける戦略的オフタイムのコツ34