連載

セックスの呪縛から逃れられない男たちへ…早漏を食い止める「ペニス麻痺ジェル」を身をもって試してみました

【この記事のキーワード】
momoco122a

早い=男らしくない、ではないけれど。Photo by sumaryanto bronto from Flickr

 最近、「男性も生きづらい」というフレーズをよく耳にします。日々のニュースを見るまでもなく、女性の生きづらさをびしびし実感している私も、「“理想の男らしさ”が重い。現代を生きる男性の抱える『生きづらさ』とは?」のような記事を見ると、なるほど男もツライのね、とは思います。でも、男性の生きづらさはしわ寄せとなって女性にさらなる生きづらさを強いるので、やっぱり女性のほうがしんどそうですけどね。単純比較できる話ではないですが。

 男性が〈男らしさ〉の呪縛に囚われているのは、セックスひとつとってもよくわかりますね。ペニスは大きくなければいけない、硬くなければいけない、チャンスがあればいつでもビンビンに勃たなければいけない、長い時間持続させなければいけない、女性を必ずイカせなければならない、たくさんの量を射精しなければいけない……。これらの項目でクリアできる数が多いほど、「セックスが強い」「男らしい」となります。その思い込みを押し付けられて、女性がイクふりをするというのは、まさにしわ寄せ構造を象徴していますね。

 数々の識者が「大きすぎるペニスは痛いだけだし、遅漏は困るし、イクことばかり期待されても女性はそう簡単にイカないんですよー!」と男性向けのメディアで発信していますが、一向に届いている気配がない様子を見ても、呪縛の強さがわかります。チ○コは持って生まれたサイズより大きくはならないし、週刊誌に「死ぬまでセックス!」と煽られたところで加齢とともに勃たなくなるのが自然だし、いくらがんばったところで、女性がイクかどうかは本人次第(体質や体調など含む)なのに。

精神論で早漏は解決しない

 このなかで克服できるとしたら、〈早漏〉です。まだイキたくないのにイッてしまう。もっとふたりで愉しみたいのに、彼女にも悦んでほしいのに、射精感がこみあげてきてコントールできず、発射してしまう。射精までの時間は快感と比例しないそうなので、射精のクオリティは変わらないものの、「パートナーを満足させられなかった」「情けない」と満足度は著しく低下します。早漏って、たしかに切ない。

「遅漏は困る」と先述したものの、あまりに早いのも「ぜんぜんいいよ、気にしないよ!」とはいいにくいのが、私の本音です。かつて何度かお手合わせしたなかに、まさに三こすり半、時間にすると10秒に満たない男性がいました。その前後に手をつくして愛撫してくれたので、私も当時は不満を覚えませんでしたが、長くおつき合いするとなったら……うーん、そのうちフラストレーションが募ったかも(結局、つき合うに至らなかったのですが、理由は早漏だからではありません)。

 早漏克服法は、泌尿器科医でも提案されていますが、たいへんな時間と根気、そしてパートナーの労力を要するもので、いまひとつ現実的ではありません。また、ちまたでは「イキそうになったら、ほかのことを考える」のような提案もありますが、この問題にかぎらず身体のことを精神論でカバーするのは限界があると私は日ごろから考えています。

 じゃあ、どうすれば?
 ……はい、ラブグッズに頼ってください!

1 2

桃子

オトナのオモチャ約200種を所有し、それらを試しては、使用感をブログにつづるとともに、グッズを使ったラブコミュニケーションの楽しさを発信中。著書『今夜、コレを試します(OL桃子のオモチャ日記)』ブックマン社。

@_momoco_

Facebook

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

シュフ。 ~ボクは男らしい専業「主夫」になる~ (impress QuickBooks)