ゴシップ

後藤真希が下位ママタレ軍団をゴボウ抜きにする日

【この記事のキーワード】
後藤真希Instagramより

後藤真希Instagramより

 第一子の出産を目前にひかえた後藤真希(30)が、オフィシャルブログで連日、出産の兆候を綴っている。12月1日の投稿では「おしるしがあってから本陣痛につながる期間ってどのくらい?」と読者に問いかけ、「私の場合はこうでした」「雑巾がけするといいですよ」などなど、出産経験者らを含む読者たちから800以上のコメントが寄せられている。

 モーニング娘。のオーディションで、テレビ越しにもはっきり視聴者に伝わるズバ抜けたオーラを見せつけ芸能界入りした後藤。グループのエースとして大活躍していた当時は、男女問わず同世代から熱狂的な支持を得た。しかしグループ卒業後は、ビジュアルがセクシー路線に寄りすぎたこともあってか、根強い男性ファンに支えられる時期が長く続いていた。ところが今、かつてのファンだった同世代女性たちが、再び後藤に注目しているという。実際、彼女のブログコメントを見るだけでも、男性ファンはもとより、子育て中の女性からの書き込みが実に多い。

 もともと「ママタレ」のブログ稼業は、近い立場にある同性の共感を集めるのに向いており、だからこそ今はどんな女性芸能人も妊娠・出産・育児の経過をこまかくブログなどのSNSで発信するのが当たり前になった。後藤も例外ではなかったようだ。

「出産に先がけて、11月末にはレシピブックとなる料理本『後藤真希の満足おうちごはん』(宝島社)を発行。ママタレ路線の王道を走り始めています。同書は手間をかけず安く作れる節約料理の要素もあり、実用性が受けて売れ行き好調です。後藤のマネジメント側も、明らかに女性ファンの存在を意識するようになっていますし、産後は主婦向け商品のプロデュース業などにも乗り出していくでしょう。まずは産後ダイエットに取り組んで本やDVDにするとかね……」(出版関係者)

 後藤真希は妊娠後、食欲が増して体重や体脂肪が増加したこともブログ上で赤裸々に報告している。見るからに高級な住宅に住み、センスの良いインテリアやファッションを披露するセレブタイプの芸能人ママとは一線を画す、飾り気のない庶民的な姿勢も魅力だという。

「後藤真希が狙っているのは“マイルドヤンキーママタレ枠”であるとも言えるかもしれません。彼女は地元コミュニティの中で付き合いのあった、年下の一般人と結婚していますし、住まいも地元の江戸川区です。港区系ママに憧れる層からは支持されないでしょうが、地方在住ママたちからは確実にウケる」(前出・同)

 モー娘。加入時、一気にセンターポジションを奪ってしまったように、強豪ひしめくママタレ枠においても、後藤真希が新旋風を巻き起こす時が来るのかもしれない。

(平田宏利)

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

後藤真希の満足おうちごはん