ゴシップ

「一番嫌いな人は?笑」吉高由里子の自由奔放に癒される

【この記事のキーワード】
吉高由里子

吉高由里子Twitterより


 12月1日、女優の吉高由里子(27)が自身のツイッター上に、今月12日発売予定の隔月刊雑誌「+act.(プラスアクト)」(ワニブックス)で、山田孝之と共演したことを告知。吉高は山田とのツーショット画像をアップし、「何したでしょうか ばればれだね」とコメント。ファンからは「釣りでしょ?」「また2人の対談が実現したんだ! 今から楽しみ」など、同誌での2度目となる2人の“釣り対談”に、ファンからは歓喜の声が上がっている。

 吉高と山田は、11年に公開された映画『GANTZ』で共演するなど、もともと面識はあったが、去年12月に吉高が自身のツイッターで『個人的に山田孝之と釣り企画の連載をしたい』とラブコールを送ったことをきっかけに、共に連載をもつ「+act.」の5月号で、『吉高由里子と山田孝之が釣りをして、釣った魚を食べながら、ただただ喋るだけのページ。』という企画が実現していた。

「吉高も山田も“天然”と称されるだけに、『今までで一番嫌いな人っていたことある?』などといった、タブー無視の質問や話題が飛び交い、ファンのみならず芸能マスコミも気になる企画でした。対談終わりの『私はこのままじゃ終わらないよ! 終わらせない!』という吉高の言葉通り、2回目の対談実現には前回以上の際どい話題が飛び交うのではないかと、ファンからは期待の声が上がっているようです」(芸能関係者)

 吉高は去年末、デビュー以来の担当マネージャーが退社したことにより、精神的なショックや事務所との不和などがウワサされ、女優業もセーブ気味だった。しかし10月に初舞台を踏んで本格女優復帰してからは、女優業のみならず多方面で活躍し始めている。文芸雑誌「文學界」(文藝春秋)の11月号にエッセイ『映画と“あの人”に恋して』を寄稿して、まさかの文壇デビューを果たしたのだ。

「初舞台となった『大逆走』の記者会見では、演出家の赤堀雅秋に対して『言葉のチョイスがブサイク』と発言して会場を沸かせ、“吉高節”健在ぶりをアピールし、ファンを安心させました。肝心の舞台では、宙づりパフォーマンスや放送禁止用語が入ったセリフを連発するなど、ふっきれた演技を披露。サービス精神旺盛な性格は相変わらずで、1日に行われたエイズ啓発イベント『Act Against AIDS』では、お笑いコンビ・ハリセンボンの近藤春菜、女優の森カンナと3人組ユニットPerfumeのパロディ“バキューム”を結成、『レーザービーム』を披露するなど、予測の付かない活躍ぶり。裏表のなさそうな彼女の言動に、一緒に仕事をする業界人も癒されている」(同)

 先月の28日には、同じ事務所所属のモノマネお笑い芸人兼女優・福田彩乃と楽しそうに酒を飲み交わす姿をツイッター上で披露するなど、交遊関係も広い。復活した吉高の動向からは、今まで以上に目が離せない。

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

+act. (プラスアクト)―visual interview magazine 2016年 01月号