ゴシップ

石原さとみ、アラサーなのに“10代女子が選ぶなりたい顔”1位! 直感型の恋愛観で選ぶ男は

【この記事のキーワード】
石原さとみ

今は眉毛細いね?(MORE2015年 12 月号/集英社)

 先月30日、サイバーエージェントが、スマートフォン向けライブ型アバターコミュニティサービス『ピグパーティ』の15歳~20歳のユーザー1,662人を対象にアンケートをとった、“今年1番なりたい顔”の1位に女優の石原さとみ(28)が選ばれたことを発表。これには、「石原って、28だろ? 10代の子からなりたい顔に選ばれるなんて凄いな」「やっぱり、トップ女優ともなると、男女両方から支持されるんだろうな」など、ネット上で驚きの声が上がっている。

 石原が1位に選ばれた理由として、『唇が色っぽい』『モテカワお姉さんだから』『髪型もメイクも性格もすべてが完璧』などといった意見が挙げられた。2位の有村架純が22歳、3位の広瀬すずが17歳ということを考えてみると、今月24日で29歳を迎える石原が1位に選ばれたことは快挙といえる。それだけ、10代女子にとって石原が「憧れの先輩」の姿を見せているということだろう。

「さすがに、アメリカのレビューサイト『TC Candler.com』で発表されている『世界で最も美しい顔100人』に、13年から連続で選ばれているだけのことはあります。今年は映画『進撃の巨人』に出演したり、月9ドラマ『5→9~私に恋したお坊さん~』(フジテレビ系)などメディア露出の多さも影響しているでしょう。10月には、パナソニック株式会社が『骨盤ケアに関する調査』と共に行ったアンケート『理想の後ろ姿のタレント』でも1位に選ばれるなど、前から見ても後ろから見ても憧れられる存在となっているようです」(芸能関係者)

 日本人的なホリの深くない顔立ちで、太い眉毛やぽってり厚い唇など、一般女性がメイクだけで真似しやすい特徴を備えているところも、石原人気のひとつの理由だ。デビュー当時は田舎じみた風貌の冴えない若手女優という印象だった彼女が、こうも垢抜けるとは、視聴者は誰も予測していなかっただろう。

 さて、魅力的な石原を芸能界の魑魅魍魎が放っておくわけもなく、過去にウワサになった男性には豪華な顔ぶれが揃っている。“女優界一のモテ女”ともいわれる石原だが、過去には、10年前のNHK大河ドラマ『義経』で共演した滝沢秀明、ドラマ『ヴォイス~命なき者の声~』(フジテレビ系)で共演した生田斗真、長身イケメンカメラマン、舞台『ロミオとジュリエット』で何度も熱烈なキスシーンを演じた佐藤健、『リッチマン、プアウーマン』(フジテレビ系)で共演した小栗旬、ドラマ『ディア・シスター』(同)で共演した三代目J Soul Brothers、EXILEの岩田剛典とウワサになるなど、“豪華な共演者”キラーとも囁かれている。芸人からも熱視線が注がれており、自他共に認めるモテ男・ロンブー淳も、結婚発表前に石原を招いた飲み会を週刊誌キャッチされている。

「ただ、石原は“明るい性格であれば見た目は全然気にしない”と公言しつつ、芸人には目もくれません。過去のインタビューで“見た目より性格”“誠実な人じゃないと”と言っていたけれど、先月30日に放送された出演番組『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)では、『一目惚れしか無いです』とのこと。相当理想が高くなっているのか、『だからなかなか人を好きにならないんです、逆に』だそうで、恋多き女のイメージは覆したいようですね」(同)

 石原いわく、最初の直感は「絶対に裏切らない」そうで、恋愛は直感主義だという。今年は8月に堀北真希(27)が結婚し、多くの男性ファンが阿鼻叫喚の地獄で悶えたが、美女オーラ全開となった今の石原が真剣交際をスクープされるときも、世間に深刻なダメージを与えることになりそうだ。

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

5時から9時まで コミック 1-11巻セット