ゴシップ

38歳・安室奈美恵の衰えぬ体力と仕事ぶり

【この記事のキーワード】
安室奈美恵

安室奈美恵「Red Carpet」(Dimension Point)

 単独名義では43枚目となるシングル『Red Carpet』(Dimension Point)をリリースした安室奈美恵(38)。9月5日のさいたまスーパーアリーナでの公演を皮切りに始まった、全国15カ所・44公演のアリーナツアーは12月2日から東京・国立代々木競技場での7daysライブに突入したが、ライブに訪れたファンからは「38歳になっても、安室ちゃんは全く衰え知らず!」「逆年齢詐称しているとしか思えないぐらい、ハードなダンスを軽々こなしてる」と、安室の若々しくエネルギッシュなパフォーマンスに、改めて驚きと興奮の声が上がっているようだ。

 安室は、産休期間だった1998年と1999年、さらにSAMとの離婚問題に揺れた02年を除いては、1995年から今年まで毎年ライブツアーを行い、総動員数はすでに350万人を超えている。彼女のライブで特筆すべきは、MCなしで2時間近いライブをぶっ通しで行うこと。休憩と呼べるのは衣装チェンジのタイミングのみだ。ライブで発した言葉が、最後の『今日は来てくれてありがとうございました』だけの時さえある。まるでマラソンのようなライブには、見ているファンの方が疲れてしまう程で、その基礎体力の高さには感服する。

 全盛期と現在の落差に悲哀漂う浜崎あゆみとは違い、安室は社会現象化した時期からうまく“高値安定”をキープしている。大ブームとなった頃からのファンである中年層だけでなく、彼女よりずっと若い10~20代からも「かわいい/かっこいい」と支持されており、新規ファンを獲得し続けているのである。その人気は衰え知らずで、コンサートチケットは毎回争奪戦が繰り広げられている。

 絶好調の彼女にとって唯一の懸念事項はやはり、不倫を報じられたイベントプロモーターとの関係。

「来年3月に予定しているライブのプロモーションのため、先月初めに彼女は香港へ行っています。その際一緒にレストランを訪れた、イベントプロデュース会社『オン・ザ・ライン』代表で音楽プロモーターの西茂弘氏のことを、現地メディアが『音楽活動のパートナー兼恋人』と紹介。西茂が、10年にX JAPANのToshlの洗脳騒動で問題となった、宗教団体『ホームオブハート』を率いるMASAYAこと倉渕透と40年来の親密な付き合いをしているという“黒い噂”がネット上で流れると、ファンからは心配の声が上がり始めました」(音楽業界関係者)

 昨年5月、安室はデビュー以来22年間の長きにわたって所属してきた芸能事務所に独立宣言を出し、6月には新しい個人事務所「ステラ88」を立ち上げた。一連の行動を指揮したのが西氏で、ふたりは仕事仲間以上の親密さを見せていたという。ただ西氏は既婚者なのだが、安室はロンブー淳との破局後に、西氏が妻と2人の子供と住むマンションに引っ越しており、西氏の家族は困惑しているという報道もあった。ちなみに安室のひとり息子は高校の寮住まいであるため、現在彼女は一人暮らしだとされる。

 ただ、独立騒動や西氏との交際により、これまで築いてきた音楽業界での立場さえ危うくなると見られたものの、結局のところ現在に至るまで彼女の仕事は平常運行。週刊誌が煽り、ファンを不安がらせるだけのから騒ぎに過ぎなかったのなら、何よりだが。

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

namie amuro LIVE STYLE 2014 (DVD2枚組) (豪華盤) _genic (CD+DVD)